個人向け名刺管理アプリとはここが違う!Sansanの特長。

個人向け名刺管理アプリとはここが違う!
Sansanの特長。

名刺管理はスマホの名刺管理アプリで十分と思っていませんか?

名刺管理はスマホの名刺管理アプリで十分と思っていませんか?

スマートフォンの登場で名刺管理は、ビジネスマンにとって身近になってきました。
手軽に持ち歩くことができるデバイスであることに加え、
カメラを利用したOCR(自動文字認識)による名刺のデータ化ができるようになったからです。
複合機やスキャナが必要なくなったのは、ビジネスマンにとって、
名刺のデータ化が手軽になった革新的な出来事だったのではないでしょうか。

一方で、スマートフォンで利用できる名刺管理アプリの多くは個人向けです。
Sansanなら、名刺を組織で共有し営業を強化することができます。
もちろん、スマートフォンからの利用も可能です。

個人向け名刺管理アプリとはここが違う!Sansanの特長

誰と誰が会っているかキーマンと接点を持った社員を探せる

名刺共有は、人脈共有。顧客との距離も縮めます。

キーマンと接点を持った社員を探す

社内の人脈を可視化できるということは、誰と誰が知り合いか、
過去に営業したことがあるかが分かるということです。
長く営業活動をしていれば、以前自分が提案したことのある会社に対して、
別の営業がアプローチをするといったケースも。
その際に、顧客のビジネスモデルやキーマン、ニーズといった情報を共有することで、
再アプローチがグッと顧客のニーズにマッチする提案になるはずです。

顧客との関係性をひと目で確認できるように人脈を可視化することで、
営業活動の幅を広げることができます。

営業に役立つ情報を自動で収集

顧客とコンタクトを取るきっかけに

役立つ情報を自動収集

名刺管理アプリにもさまざまなものがあり、
ソーシャル・メディアと連携しているものや
知り合いをお知らせする機能などを搭載しているアプリもあります。

Sansanにも、営業活動に活かせる情報収集機能があります。
スマートレコメンドと呼ばれる機能で、Sansanにログインすると、
まずはじめに自分の持っている名刺に関連する企業のプレスリリースや
人事異動情報、社内の接触情報が表示され、顧客とコンタクトするきっかけになります。

正確なデータをメール配信や営業リストにも活用

タグを設定していれば、対象リストもタグを選択するだけ

見込み顧客との接点

名刺は見込み顧客とのコンタクトの証です。
営業受注率が30%なら、残りの70%は失注。
100件新規開拓訪問したら、70件は失注する計算になります。
社内の営業が複数いたら、それこそ膨大な数の見込み顧客との接点があるはずです。
Sansanなら、名刺を共有・可視化して、再営業リスト・メール配信リストとして
活用することができます。

個人で名刺管理アプリなどを利用して管理しているだけでは
名刺の価値を最大限活用しているとは言えません。
考え方によっては、機会損失と捉えることもできるのではないでしょうか。

名刺管理・顧客管理を比較するポイントをご紹介

Sansanと他サービスとでは何が違う?

多数ある顧客管理サービスにそれぞれどんな特徴があるのか、
そのなかでSansanが選ばれるポイントがどこにあるのかを
まとめた資料をご用意しています。

資料を無料ダウンロード

徹底比較!他サービスとSansanの違いは?

ページTOPへ ▲