CRM(顧客管理システム)とはここが違う!Sansanの特長。

CRM(顧客管理システム)とはここが違う!
Sansanの特長。

顧客管理するだけではなく、売上に繋がる顧客管理ができる?

顧客管理するだけではなく、売上に繋がる顧客管理ができる?

顧客管理システム/CRMは、顧客に関する情報を一元的なデータベースに集約して
顧客情報の整理や商談履歴を共有することができます。
顧客データを業界・業種や役職といったカテゴリでグルーピングし、
メールやDMでコンタクトを取ったり、営業リストを作成して申込みや受注に
つながる商談を増やすといった、リードマネジメントとして活用されることも多いようです。

一般的な顧客管理では、顧客データを管理するだけでなく、
顧客情報を分析し、顧客との長期的な関係を構築することを目的としています。
Sansanは、そこから一歩進んで、顧客との良好な関係を構築して、売上向上につなげます。

CRMとはここが違う!Sansanの特長

データ入力の手間がかからないCRM

Sansanは自分でデータを入力する必要がありません

Sansanのスキャナ

顧客情報を管理している場合でも、
その入力が面倒だと感じている方も多いのではないでしょうか。
データの管理で一番大変なのは、正確性と最新性を保つことです。

Sansanは、名刺を専用端末で名刺をスキャンすると、Sansanのオペレータが情報を入力。
自分で情報を入力する手間を省きます。
まさにメンテナンスフリーの顧客データベースが自動で出来上がります。

顧客との関係性が一目瞭然

自動で生成される組織ツリー

Sansanの会社マスタ

「社内で、誰かあのお客さんと会ってたんだけどなあ...。誰だったっけ...。」
そういう経験がある方も多いのではないでしょうか。
顧客情報が属人的に管理されていると、せっかくの接点情報が共有されず、
チャンスを逃すことも。

Sansanでは、全ての顧客接点を蓄積。
自動で組織ツリーを生成するので、社内メンバーの誰と顧客の誰が接点があるのか一目瞭然。
すべての顧客情報が一元管理するだけでなく、社内でその情報を共有することで、
思いもよらなかったつながりを発見することができます。
人脈を活かした営業の可能性も広がります。

複数部門での情報共有で売上アップ

ニーズに応じた使い方ができるのがSansan

複数部門での情報共有で売上アップ

顧客の情報や商談情報を蓄積していくことは、
会社の資産を形成していくのと同じことです。
情報を管理して活用していくことが、会社全体の業務効率化、ひいては
営業力の向上につながります。

Sansanは、登録した顧客情報を社内で共有することで価値を発揮します。
例えば、マーケティング部ではリードナーチャリングと呼ばれる
顧客育成のためにメールマガジンを配信したり、
営業部では同じ顧客情報を活用して、営業リストを作成したりする。
そんなニーズに応じた使い方ができるのも、Sansanの特長です。

名刺管理・顧客管理を比較するポイントをご紹介

Sansanと他サービスとでは何が違う?

多数ある顧客管理サービスにそれぞれどんな特徴があるのか、
そのなかでSansanが選ばれるポイントがどこにあるのかを
まとめた資料をご用意しています。

資料を無料ダウンロード

徹底比較!他サービスとSansanの違いは?

ページTOPへ ▲