ファイリング・名刺入れとはここが違う!Sansanの特長。

ファイリング・名刺入れとはここが違う!
Sansanの特長。

アナログな名刺管理で満足していませんか?

アナログな名刺管理で満足していませんか?

名刺管理アプリやソフトウェアが続々とリリースされるなか、
アナログな名刺管理を好んでる続けている方もいらっしゃると思います。
組織のポリシー上、名刺をデジタル管理することが難しい場合や、
ツールの導入に消極的な場合もあります。また、名刺管理ソフトウェアを導入したものの、
名刺整理業務が定着せず、ITツールでの名刺管理を諦めてしまう場合もあるようです。

Sansanは名刺データ化までに手間がかからず、
シンプルな使い勝手の良いユーザインターフェースで、
ファイリングや名刺入れと同様、手軽に始められます。
また、大手企業への導入実績もあり、セキュリティ面でも安心です。

ファイリング・名刺入れとはここが違う!Sansanの特長

名刺スキャンのデータ化精度が高い

名刺登録の手間がまったくかからない

山積みになった資料や名刺

名刺のファイリングや名刺入れ、あるいはローロデックスといった
アナログな名刺管理で手間がかかるのは、名刺の整理と名刺を探す時間です。
名刺を探すには、「五十音順」、「名刺交換日時順」、「業界別」といった
ルールを設ける方も多いようです。
また、名刺を探す時も、大量の紙の名刺の中から見つけ出す必要があります。

Sansanなら名刺登録・検索に手間は一切かかりません。
名刺スキャン時に、パソコンを起動させたり
USBケーブルで接続するといった手間はかかりませんし、
名刺の検索も氏名や会社名を検索ボックスに入力するだけです。

考え抜かれたシンプルで直感的なUI/UX

使いやすさを考えたシンプルな設計

使いやすさを考えたシンプルな設計

ITツールは利用されてこそ価値が生まれます。
一口に名刺管理といっても、検索したり名刺詳細画面を確認したりと、
UI/UXが非常に重要になってきます。

Sansanは、ITサービス業界やSIerにも数多くの導入事例があり、
UI/UXのプロフェッショナルにも高い評価を頂いているサービスです。
また、名刺をデータ化する手間は必要ありません。
こういったサービス設計・UI/UXといった強みを活かし、
デジタル名刺管理ツールではSansanが市場シェアNo.1となっています。

運用をサポートするコンサルタント

目的に合わせて最適な活用方法でサポートします

目的に合わせて最適な活用方法でサポートします

Sansanは名刺管理だけではなく、社内で名刺情報を共有したり、
メール配信を行ったりすることもできます。
単純な名刺管理ではなく、名刺を活用して売上を上げようとするならば、
実際に利用する営業現場に使ってもらえなければ意味がありません。

そうは言ってもどうやって運用していったらいいのだろう...、という不安を
お持ちの方もいらっしゃると思います。
社内でのSansan運用設計や運用ノウハウなどを
経験豊富なSansanの運用コンサルタントにご相談いただくことも可能です。
他社事例を交えながら、目的に合わせた最適な活用方法をご説明します。

名刺管理・顧客管理を比較するポイントをご紹介

Sansanと他サービスとでは何が違う?

多数ある顧客管理サービスにそれぞれどんな特徴があるのか、
そのなかでSansanが選ばれるポイントがどこにあるのかを
まとめた資料をご用意しています。

資料を無料ダウンロード

徹底比較!他サービスとSansanの違いは?

ページTOPへ ▲