一般的なSFAとはここが違う!<br>Sansanの特長。

一般的なSFAとはここが違う!
Sansanの特長。

SFAで全部網羅できるから名刺管理は要らないのでは?

SFAで全部網羅できるから名刺管理は要らないのでは?

売上目標を達成するには、
営業活動において各KPIを設定し進捗を管理する必要があります。

売上目標から逆算し、平均受注率を鑑みた上で
必要な商談数を割り出して営業戦略を策定したり、
商談履歴を確認して、1案件ずつヒアリング項目のチェックや受注確度、条件交渉などを
細かくチェックするためにも、ITツールを利用するのは重要です。

一般的なSFA(営業支援・営業管理)とはここが違う!Sansanの特長

分析をするSFA、売上を増やすSansan

見込み顧客を含めてデータベースに登録できることがポイント

見込み顧客を含めてすべての接点をデータベース化

SFA(営業支援・営業管理)は営業活動を可視化することができます。
営業が訪問した顧客のうち、
商談が進み、受注見込みがある顧客を数値化したり、
ボトルネックを発見することができます。
しかし、受注率を上げるには、ロールプレイングや
業界別のナレッジを蓄積する必要があります。
また、商談を増やすにはセミナー開催や
広告を増やすといったマーケティング活動が必要です。

Sansanなら、名刺のスキャンによって案件化していない見込み顧客まで
データベース化できるため、メール配信やアタックリストを管理して、
商談を増やすといったアプローチが可能です。

多くのSFAは情報を手入力、Sansanは名刺スキャン

データの精度が高く、手間のかからない情報登録

手間のかからない名刺情報の登録

多くのSFA(営業支援・営業管理)は営業が顧客情報や商談情報、案件情報を入力する必要があります。
また、情報を登録する前に、顧客情報の重複がないかどうか、
情報検索する必要があります。

Sansanなら名刺をスキャンするだけで完了。
パソコンを起動する必要はなく、専用端末で名刺をスキャンできるため、
顧客情報登録業務の手間を省くことができます。
さらに、重複データは自動で名寄せ。入力前の既登録確認も、
登録後に重複が発覚し複数の情報をマージするといったことも必要ありません。

人脈を活用した階層営業を実現

顧客との接点を可視化して活用する

顧客との接点を可視化

通常のSFA(営業支援・営業管理)では、案件情報には、
案件を担当した営業担当者と客先担当者、客先責任者が登録されるだけです。
案件の関係者だけがデータとして登録されるにとどまります。

Sansanは、案件として関わる客先関係者だけでなく
名刺を交換したことのある全ての顧客情報が可視化されます。
自社と客先との関係といっても、名刺交換しただけの方、
商談はしたものの案件化に至らず失注した部署、
案件が進んでいる部署の顧客など、一社と言えども様々な関係性があるはずです。
Sansanなら、自社と客先の関係や接点を全体的に閲覧することができるため、
必要な時に必要な人脈を営業に役立てることができます。

名刺管理・顧客管理を比較するポイントをご紹介

Sansanと他サービスとでは何が違う?

多数ある顧客管理サービスにそれぞれどんな特徴があるのか、
そのなかでSansanが選ばれるポイントがどこにあるのかを
まとめた資料をご用意しています。

資料を無料ダウンロード

徹底比較!他サービスとSansanの違いは?

ページTOPへ ▲