名刺管理ソフトとはここが違う!Sansanの特長。

名刺管理ソフトとはここが違う!
Sansanの特長。

名刺管理なんて、市販の名刺管理ソフトで
十分と思っていませんか?

名刺管理なんて、市販の名刺管理ソフトで十分と思っていませんか?

量販店やECサイトで購入できる名刺管理ソフト。
こういった買い切り型のソフトウェアをご利用されている方も
まだまだいらっしゃるのではないでしょうか。
スキャナに付属してるPC向けの名刺管理アプリケーションを利用されてる方も
いらっしゃるかもしれません。

確かに手軽ではありますが、これでは名刺の価値を活かした名刺管理が出来ているとは言えません。
Sansanで名刺管理することで、以下でご紹介するようなメリットを感じていただけます。

名刺管理ソフトとはここが違う!Sansanの特長

データ精度の高さで本当の"業務効率化"を実現

OCRとオペレーターのダブルチェックで、精度ほぼ100%を体験してください

データは手直し不要!本当の業務効率化を実現

市販のソフトウェアには、スキャナが付いていることもありますが、
どんなに正確なOCRを利用しても、名刺の読み取り精度は100%には至りません。
限りなく精度の高い読み取りを実現するには、OCRに加えて、
必ず手作業で名刺データを修正する手間がかかってしまいます。

Sansanは、名刺管理サービスの中ではじめて
OCRとオペレーターによる"ダブルチェック"を導入しました。
その結果、名刺の読み取り精度は、ほぼ100%を実現しました。
このデータ化精度の高さによって、本物の業務効率化を体験することができます。

クラウド型だからいつでも名刺データを最新に

いつでもどこでも必要な時に情報にアクセスできる

クラウド型だからいつでも名刺データを最新に

市販の名刺管理ソフトの多くはネットワーク共有型です。
名刺をスキャンすると、パソコンに取り込むことはできます。
パソコンのデータをスマホでも閲覧できるソフトウェアはあるにしろ、
名刺データを最新のものにするには、会社でパソコンに接続し、データを同期する必要があります。

Sansanはクラウド型名刺管理サービスなので、
一度スキャナやカメラアプリで読み込んだ名刺データならいつでもどこでもアクセス可能です。

「それ、早くいってよぉ~」とさようなら!人脈共有で案件創出

制限なしの人脈共有が営業を強くする

市販の名刺管理ソフトは、個人向けの名刺管理を目的としています。
Sansanが目指すところは、組織としての名刺管理であり、名刺の共有です。

社員や役員同士の名刺の共有をすることで、営業のアタックリストやメール配信リストの作成、
人脈の共有を通したキーパーソンへのアプローチなど、営業活動へさまざまな活用が可能です。
「隣の部署の同僚がクライアントと知り合いだった」など
「それ、早く言ってよぉ~」ということは一切なくなります。

営業を強くすることができるのは、名刺の共有であり、Sansanです。

名刺管理・顧客管理を比較するポイントをご紹介

Sansanと他サービスとでは何が違う?

多数ある顧客管理サービスにそれぞれどんな特徴があるのか、
そのなかでSansanが選ばれるポイントがどこにあるのかを
まとめた資料をご用意しています。

資料を無料ダウンロード

徹底比較!他サービスとSansanの違いは?

ページTOPへ ▲