Sansan
Bill One

あらゆる請求書を
オンラインで受け取る

Bill Oneは、Sansan株式会社が提供する
クラウド請求書受領サービスです。
Sansanでおなじみの出演者が登場
CM公開中!
Sansanでおなじみの
出演者が登場
CM公開中!
クラウド請求書受領サービス
Bill One
多数の拠点や部門へバラバラに届いていた
紙の請求書も、PDFの請求書も、
あらゆる請求書がデータ化され、ひとつになって届く。
非定型の名刺を正確にデータ化し続けてきた
Sansanのテクノロジーとオペレーションによって、
これまでにない方法で請求書を処理できます。
アナログから、デジタルへ。
Bill Oneは、企業内に残る事務作業をオンライン化し、
請求書に関する業務を効率化します。
Bill Oneができること
紙の請求書は代理で受け取り、面倒なスキャンも行います。
PDFの請求書はアップロードするだけ。
Bill Oneなら、どのような請求書でもオンラインで受け取れます。
請求書を受け取る側はもちろん、発行する側にも負担をかけずに利用をスタートできます。
請求書を発行する企業
Bill One
ワンストップ受領
請求書の発行元には、これまで通りに請求書を送ってもらうだけ。
さまざまな方法・形式で送付される請求書をBill Oneが集約します。
99.9%の精度でデータ化
AI、OCR、入力オペレーターが、99.9%という高い精度で請求書をデータ化。
請求書の受領やデータ化の完了を担当者にメールで通知します。
クラウド上で一元管理
データ化された請求書は、専用のデータベースで一元管理できます。
検索が簡単になり、他のシステムと連携させて活用することもできます。
請求書に関する業務から契約書の確認、反社チェックまで 請求書に関する業務から
契約書の確認、反社チェックまで
Sansan株式会社の
ソリューションをまとめてご紹介
活用メリット
01
テレワークが実現できる
さまざまな拠点や部門に届く請求書の受け取りや振り分けから、内容確認、申請・承認作業、仕訳入力、保管まで、請求書に関する業務をオンラインで完結することができます。請求書の対応をするために社員を出社させる必要がなくなり、企業のテレワーク推進を後押しします。また、ペーパーレス化の推進やBCP(事業継続計画)対策にもつながります。
あらゆる請求書を
オンラインで受け取れる
郵送
Bill Oneのスキャンセンターが紙の請求書を代理で受領し、面倒なスキャンを代行します。
Eメール
Bill One専用のメールアドレスに届いた請求書は、自動的にアップロードされます。
アップロード
請求書を発行する企業が、Bill Oneのシステムに請求書を直接アップロードできます。
02
すぐに請求書が確認できる
受領された請求書は、すぐに画面上で確認できます。請求書を処理する各担当者は、請求書のデータ化と並行して、請求書画像を見ながら内容確認や申請・承認作業、経理対応などを進められます。自社に届いた全ての請求書について、受け取り状況や作業進捗を共有することができるほか、取引先の企業名で請求書を検索することも簡単に行えます。
どんな請求書でも
正確にデータ化して、
クラウド上で一元管理
03
組織全体の生産性があがる
請求書を取り扱うのは、経理部門だけではありません。請求書を処理する全ての部門で業務が効率化されます。郵送された請求書の開封や振り分け、拠点間や部門間で発生していた請求書の受け渡し、申請・承認作業など、事務作業の負担が軽減され、全社的に生産性が向上します。また、外部サービスと連携させることで、さらなる効果を期待することもできます。
請求書に関する業務が変わる
メールで通知
請求書がBill Oneに登録されると、担当者に請求書の受領をメールで通知します。
メモを残せる
登録された請求書に、処理に必要な情報をコメントやメモとして自由に残すことができます。
処理のステータスを管理
請求書を処理するステップごとに「確認済み」「完了」といったステータスを付与して管理できます。
請求書に関する業務から契約書の確認、反社チェックまで 請求書に関する業務から
契約書の確認、反社チェックまで
Sansan株式会社の
ソリューションをまとめてご紹介