Sansan 連携サービス

Sansan で保有する正確な人物データベースと、
さまざまな製品・サービスがジョイントすることで
ビジネスを更に加速します。

Sansanにある名刺データをAPI経由で取得することが可能です。
Sansan上にある名刺を元にした人脈データにアクセスできるだけでなく、
営業を強くするさまざま情報を「必要な時に」「必要な粒度で」取り出す事ができます。

Sansanと連携できるソリューション例

CRM連携

顧客管理システムと連携すれば、Sansanの最新の名刺データを常にCRM上でご利用できます。もう情報の更新に悩む必要はありません。

アドレス帳連携

名刺をSansanに取り込むだけで、あなたのアドレス帳が最新に。便利なだけでなく、メール誤送信リスクも低減させます。

配送連携

名刺に書いてある住所は配送情報として最も信頼できます。入力間違いもないため、誤配送、誤字の心配もありません。

MAP連携

地図情報と名刺データが連携すればルートセールスの心強い味方に。スマホ時代のビジネスには必須の連携です。

広がる連携サービス

CRM、ビジネスハガキ配送など、ビジネスに不可欠なサービスとの連携が
可能です。連携サービスは今後も拡大します。

Salesforce
SFA

世界的に圧倒的なシェアを誇る高機能SFA、セールスフォース。Sansanのメンテナンスフリーの顧客データベースとセールスフォースが連携することで、より効率的で成果に繋がる顧客管理を行うことが可能です。

Zapier
自動連携サービス

Zapierは二つのサービスを自動的に接続してくれるサービスです。Zapierを利用すれば、Sansanに取り込んだ名刺をZapierに対応してしているさまざまなWebサービスに渡すことができます。

B2B LoveLetter
オンディマンド印刷・配送

日本郵政グループの「B2B LoverLetter」では、Sansan で取り込んだ名刺情報を使ってオンラインではがき印刷できます。
宛名書きの手間が不要になります。
詳しくはこちら »

ProgOfficeEnterprise
ビジネスコミュニケーション

NTTソフトウェアの「ProgOfficeEnterprise」は、Sansanで取り込んだ名刺情報をクラウド上の連絡先リストに追加します。端末に発着信履歴を残さないまま、着信時のポップアップで連絡相手も確認できます。

おもてなし電話
CTI

シンカの「おもてなし電話」では、Sansanで取り込んだ名刺情報をクラウドCTIと連携。相手から電話がかかってきたらその方の名刺情報をパソコンやタブレットに自動表示させます。

Dynamics CRM
CRM

日本マイクロソフトの「Dynamics CRM」では、Sansanで取り込んだ名刺情報をDynamics CRM の顧客マスタに登録。入力の手間を省き、効率良く案件管理ができます。

kintone
Webデータベース

Sansanで取り込んだ名刺情報を、サイボウズ kintoneの「顧客リスト」に適用できます。同リストに取り込んだ顧客情報はkintone上のさまざまなアプリで利用することができます。

Zoho CRM
CRM

「Zoho CRM」は、顧客に関する情報(案件、見積、請求、問い合わせ、メール等)の一元管理を通じて、中小企業の成長を支援します。Sansanからダイレクトに顧客情報を追加することでCRMへの入力作業を効率化し、名刺を組織の人脈として、より効果的に活用できるようになります。

eセールスマネージャー
Remix CloudCRM/SFA

「eセールスマネージャーRemix Cloud」は、組織営業力を強化する営業支援システム(CRM/SFA)です。Sansanとの連携によって、名刺情報をすべて「eセールスマネージャーRemix Could」に自動で取り込むことができ、人脈情報を営業活動に無駄なく活かすことができるようになります。

moconavi
ビジネスコミュニケーション

「moconavi」はスマートデバイスをセキュアに業務利用するためのアプリです。 Sansanの名刺情報を、端末にデータを残さないセキュアなアドレス帳として利用でき、電話着信プッシュ通知で誰からの電話かが分かります。

PA CLOUD
Web電話帳

Web電話帳市場シェアNo.1のPhoneAppliはSansanでデータ化された名刺情報を同期させることにより、PhoneAppliが提供するWeb電話帳で閲覧ができるようになります。加えてPhoneAppliの強みであるUC連携(Cisco、Microsoft、Google等)を実現します。

B→DASH
マーケティングオートメーション

フロムスクラッチが提供する「B→Dash」は、Sansanで取り込んだ企業情報をクラウド上の顧客リストに自動で追加できます。見込み客の獲得から育成までをシームレスに行うことで、工数の削減、ホットリードの創出をスムーズに、確実に行い、営業活動の革新を導きます。

bodais
データアナリティクス

アイズファクトリーの「bodais」は、オートクレンジング機能と機械学習機能を内蔵する、自動進化型データ解析プラットフォームです。企業資産として蓄積されたSansanの名刺情報を入力するだけで、受注の可能性がある企業を予測します。

KONTAKT
Exchange Online自動連携

KONTAKTはSansanに登録された”自分の”名刺情報を、自動的にOffice365/Exchange Onlineの連絡先に取り込むサービスです。連絡先の表示名には社名と名前が一緒に登録されているので、同姓同名間違いや、社内社外間違いなどが減らせます。

RODEM
乗換案内

RODEMはビジネスマンの交通費精算に関わる作業を大きく効率化させるサービスです。Office365やGoogleカレンダーに訪問先の企業名を登録するだけで、訪問先までの移動経路を登録します。月末月初の交通費精算の際には、登録された移動予定の情報から運賃の情報を経費精算システムに送信したり、CSVファイルなどでダウンロードすることができます。Sansanと連携することで、企業名以外にも名前も含めた訪問先の指定が可能になります。

Marketo
MA

マルケトは世界で4,500社以上の企業から選ばれているエンゲージマーケティングプラットフォームです。Sansan APIを利用することで、データ化された名刺情報をマルケトのキャンペーンに紐付けてリード化することができるため、Webとリアルの両面から漏れなくリードを獲得し、ナーチャリングに繋げることが可能です。

ASTERIA
連携サービス

ASTERIA Sansan アダプタを使えば、Sansan と既存のシステムやデータを簡単に連携可能です。このシステム連携やデータ連携によりSansanの名刺情報が、他社と差別化されたより価値のある「あなたの会社だけの特別」に変わります。

SPEEDA
企業・産業分析サービス

お客様が保持する顧客・名刺情報を取り込み、SPEEDAの豊富な企業情報を用いて分析することで、顧客企業の共通項を抽出し、営業候補先を自動でリストアップすることができます。

Perfect Contact365
Exchange Online自動連携

Perfect Contact365 は、Sansan の名刺情報を Office 365 の連絡先に自動連携させるサービスです。名刺情報がモバイルの電話帳に連携され、相手からの着信時に名前を自動表示します。マイクロソフト社の「Azure」上にお客様専用のサイトとしてホストしますので、安全に運用することができます。

リストファインダー
マーケティングオートメーション

BtoB中小企業向けマーケティングオートメーション「ListFinder」ではSansanで管理している名刺情報をListFinderに簡単に追加することができます。Sansanの中の多くの名刺情報を元にメール配信やWeb閲覧履歴の解析を通じて本当にフォローすべき有望な商談を発掘することが可能です。

連携パートナーについてはこちら »

連携事例のご紹介

SansanとMarketoで効率的なリードナーチャリングを実現、成約率も向上!!

トレジャーデータ株式会社はクラウドでプライベートDMPを提供するマーケティングカンパニー。SansanをMarketoと連携し、インサイドセールスを含めたリードナーチャリングの仕組みを構築しています。

トレジャーデータ株式会社

この事例をみる »

Sansanのすべてのプランから連携が可能です

Sansanのどのプランからでも、
取り込んだ名刺情報を連携サービス上でご利用いただけます。

Sansanの料金プランのご案内はこちら »

ページTOPへ ▲