sansan

中古マンションのリノベーションのアート・クラフト・サイエンスがクラウド名刺管理サービス「Sansan(旧 Link knowledge)」を導入

アート・クラフト・サイエンス株式会社

導入リリース

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 寺田親弘)のクラウド名刺管理サービス「Sansan(旧 Link knowledge)」を、アート・クラフト・サイエンス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 三好満国、以下アート・クラフト・サイエンス)が導入したことを2010年11月2日付で発表いたします。

導入の背景と期待する効果

アート・クラフト・サイエンスは各不動産仲介会社との人的なネットワークを組織で構築・共有するために、Sansan(旧 Link knowledge)の導入を決定致しました。現在営業担当者全員と役員が利用を開始しています。
不動産業に携わるアート・クラフト・サイエンスでは、人的なネットワークの構築を非常に重視しています。物件を売買する際不動産仲介会社とのネットワークが広ければ広いほど、より収益が上がる取引を締結する可能性が高まります。しかしこれまで同社での人脈管理はエクセルファイルで名刺情報をデータ化することに留まっており、有効に活用できていない状態でした。そこでこの状態を改善するため、同社はSansanの導入を決定しました。導入によって以下のメリットが期待されています。


■ メリット1:仲介会社情報の共有による収益増加
個人で管理できる人的ネットワークには限界があり、ネットワークの広さや管理方法に個人差が出てしまいます。Sansan で人脈を共有すると、個人の管理できる限界を超えて広い人的ネットワークを活用できるようになります。このことによってアート・クラフト・サイエンスでは、より多くの仲介会社と取引できるようになり、収益の増加が期待されています。


■ メリット2:人脈の資産化
アート・クラフト・サイエンスでは人脈管理を属人的に行っていたため、せっかく各人が人的ネットワークを構築しても会社には残っていかない状態でした。しかしSansanの導入により、各人の人脈とその人脈に対してコンタクトしてきた記録を残せるようになります。この記録が共有されるため、会社全体のネットワークが資産として蓄積されていき、今後継続して活用できるようになります。


Sansan株式会社は今後もクラウド名刺管理サービス「Sansan(旧 Link knowledge)」のご提供によって顧客の営業力強化に貢献してまいります。

アート・クラフト・サイエンス株式会社
社名 アート・クラフト・サイエンス株式会社
事業内容 不動産業、指紋認証システムの開発・販売
設立 2004年7月28日
URL http://www.acskk.com/