sansan

大和ハウスグループのデザインアークがSansanの名刺管理を導入 〜名刺をもとに情報共有、事業本部と支店が連携し組織営業力を強化〜

株式会社デザインアーク

導入リリース

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)は、株式会社デザインアーク(以下「デザインアーク」)が組織の営業力強化を目的にクラウド名刺管理サービス『Sansan』を導入したことを11月6日付で発表します。

■導入の背景:事業部や拠点をまたいだ情報連携による営業力強化

大和ハウス工業株式会社のグループ企業として、住宅やオフィスのインテリアコーディネートをはじめ家具や備品の販売・レンタルなど幅広い事業を手がける株式会社デザインアーク。同社は2014年10月にダイワラクダ工業から社名変更し、新ブランドのもとロイヤルカスタマー増加に取り組んでいます。
これまで顧客の名刺は担当営業が個人で管理し情報を共有する仕組みはありませんでしたが、事業部、拠点を横断してフォローしていく体制を強化するため、名刺管理システムの導入を検討されました。

■Sansanを選んだ理由:手間なく正確なデータベースを構築し、社内で共有できる

Sansanは名刺をスキャンしたりスマホで撮影するだけで正確に顧客情報のデータベースが構築され、クラウドを介して社内で共有できます。名刺の検索や入力の手間がなくなり、外出先でも名刺情報にアクセスできるので、担当営業の生産性向上につながります。

■期待される成果:顧客の情報を共有し、きめ細かいフォローでサービス向上へ

この度Sansanを導入する事業本部と東京支店の営業部門が情報連携することで、日々の顧客対応はもちろん引き継ぎの際もきめ細かい対応が可能になります。
顧客情報の適切な共有と効率的な管理により、さらなる顧客価値の向上を図ります。

株式会社デザインアーク
社名 株式会社デザインアーク
事業内容 住宅設備機器、住宅用金属建材、各種建築資材の製造・施工・販売インテリアコーディネートおよび内装ほか
設立 1971年4月1日
URL http://www.designarc.co.jp/