sansan

富士通マーケティング、クラウド名刺管理「Sansan」を全社で導入〜全社の名刺情報をマーケティングオートメーションに連携。デジタルマーケティングを強化し、組織的な営業活動を実現〜

株式会社富士通マーケティング

導入リリース

Sansan株式会社は、株式会社富士通マーケティング(以下、富士通マーケティング)が、デジタルマーケティングの強化を目的に法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を全社約3,500名で導入したことを発表します。

富士通グループの中核会社として、主に中堅・中小企業向けにICTソリューションを提供する富士通マーケティング。全社の名刺情報をマーケティングオートメーション(以下、MA)と連携させ、より確度の高いデジタルマーケティングを実現するためにSansanを導入しました。

Sansanによって全社の名刺情報を一括管理・共有することができるようになったことから、同一企業の中でアプローチできていない部門を可視化することや、社内に潜在する人脈を有効活用することも可能になり、デジタルマーケティングの強化と組織的な営業活動が実現されました。 

導入の背景

富士通マーケティングの営業活動は、直販の営業部隊とパートナー企業によって行われており、膨大な見込み顧客リストを保有しています。それぞれの見込み顧客のニーズに適したマーケティングをよりスピーディーに行うため、富士通マーケティングは2014年にMAを導入。富士通マーケティングのデジタル戦略は着実に成果をあげていましたが、より効率的で成果につながるマーケティングを実行するため、ビジネスの「出会いの証」である名刺を一括管理するSansanの導入を決定しました。

導入の狙い

1. 営業担当がフォローしたい見込み顧客と、マーケティング部門がリストアップするアプローチ先を同一にする
富士通マーケティングでは、営業担当がフォローしたい見込み顧客とマーケティング部門がリストアップしたアプローチ先が必ずしも合致しないという課題がありました。その解決のため、営業担当が交換してきた「名刺」に着目。名刺はビジネスの「出会いの証」であり、営業がフォローしたい有力な見込み顧客と言えます。
営業担当が持つ名刺をSansanで一括管理することによって、マーケティング部門は営業が保有する名刺をアプローチ先とし、効果的な情報提供やフォローを行うことが可能となります。

2. 見込み顧客がセミナー申し込みや資料請求を行った場合、営業への情報連携を自動で行う
富士通マーケティングは、セミナー申し込みや資料請求を行うなど見込み顧客のニーズが顕在化したタイミングで、営業担当にプッシュ通知で情報を知らせることを計画しています。Sansanによって、営業担当がフォローしたい見込み顧客とマーケティング部門がリストアップするアプローチ先を同一にしておくことによって、営業が欲しい情報をタイムリーに連携することが可能となります。

3. ABM(Account Based Marketing)を実現するためのデータマネジメントを強化する
Sansanを全社で導入することによって、顧客データベースの質と量の充実につながります。営業担当に限らず、エンジニアやバックオフィス等、全社員が持つすべての名刺情報を蓄積することで網羅的なデータベースが構築され、活用することが可能となります。

株式会社富士通マーケティング
社名 株式会社富士通マーケティング
事業内容 コンサルティングから、機器販売、ソフトウェア開発、設置工事、保守までの一貫したサービスの提供/民需市場向け商品の企画、開発/販売パートナー支援
設立 1947年4月23日
URL http://www.fujitsu.com/jp/group/fjm