はてな株式会社が事業拡大に伴いSansanの名刺管理を導入~正確な顧客情報共有で業務効率化~

はてな株式会社

導入リリース

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘、以下「Sansan」)は、はてな株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:栗栖義臣、以下「はてな株式会社」)がこのたび顧客情報を効率的に管理するための施策としてクラウド名刺管理サービス『Sansan』を導入したことを4月22日付で発表します。

■導入の背景:事業拡大に伴い、法人顧客情報の管理を効率化したい社内ニーズが高まった

はてな株式会社は”「知る」「つながる」「表現する」で新しい体験を提供し、人の生活を豊かにする”をミッションに、「はてなブックマーク」、「はてなブログ」をはじめとする各サービスを展開、さらにこれらのサービスを利用したネイティブ広告やオウンドメディアCMSなどのコンテンツマーケティングサービスを法人向けに展開しています。
このたび、同サービスなどの拡大に伴い増加した顧客情報の管理効率化のためSansanの導入を検討されました。

■Sansanを選んだ理由:メンバーが増えても名刺情報を一律に漏れなく管理・更新できる

同社では顧客の異動情報をタイムリーに把握することを重要視していますが、営業部が拡大しメンバーが増えるにともない、属人的になりがちな名刺管理への対応やメンテナンス、および情報入力ルールの整備が課題となりました。Sansanについて、複数のスタッフ間で名刺情報を漏れなく管理・更新できる環境を整えられる点を評価し導入いただきました。

■期待される成果:正確な顧客情報の管理・共有で業務効率化を加速

各メンバーが得た顧客情報をSansanで適切に管理・メンテナンスすることで、漏れのない情報共有が可能になり、業務効率の向上が期待されます。

Sansanは今後もお客様の営業力強化に貢献してまいります。