sansan

創業明治40年・インテリア大手のリリカラがSansanの名刺管理を導入 ~属人的な顧客管理を脱却して組織の人脈を見える化、営業機能を強化~

リリカラ株式会社

導入リリース

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘、以下Sansan)は、リリカラ株式会社(以下リリカラ)がこのたび名刺管理の効率化と組織的な営業力強化を目的にクラウド名刺管理サービス『Sansan』を導入したことを11月27日付で発表します。

■導入の背景:組織的な営業力強化を目指すなか、属人的顧客管理からの脱却が大きな課題に

明治40年に創業したリリカラは自社ブランドをはじめとするインテリア商品のトータル提案に加え、オフィスソリューション事業では、オフィスをはじめ、学校や施設のリノベーション・コンバージョン事業にも進出しています。

これまで同社では個々の担当が交換した名刺は個人管理に任されており、社内の人脈が可視化できていませんでした。会社の事業領域が拡がる中で部門間の情報共有の課題は大きな機会損失につながると考え、名刺管理サービスの導入を検討されました。

■Sansanを選んだ理由:現場メリットがあり、長く使い続けられる。業界シェアNo.1の導入実績

Sansanの以下の点を評価していただき、導入の運びとなりました。

・スキャンするだけで、オペレータによる正確な顧客データベースを構築。手間なく利用できる。
・日経テレコンやダイヤモンドの人事異動情報、企業のニュースを自動配信。営業活動に必要な情報を受動的にキャッチアップできる。
・外出先からもモバイルで利用できる。
・部署を跨いで人脈情報が共有できる。

また、Sansanは名刺管理のパイオニアであり、大手企業や省庁・自治体でも広く導入されています。大切な顧客情報である名刺を託すパートナーとして、シェアNo.1の実績が信頼性につながりました。

■期待される成果:接点の可視化による働き方の革新、お客様満足の向上と新規案件創出

リリカラでは、旧体制から新しいスタイルに脱却するべくワークスタイル変革を進めています。Sansanの導入によって業務が効率化し、社員の働き方がより良く変化していくことが期待されます。

また社内の情報共有を通じて営業部門と技術部門が一致団結してお客様のニーズに応えることで、さらなる成長を目指します。

リリカラ株式会社
社名 リリカラ株式会社
事業内容 インテリア事業、スペースソリューション事業
設立 昭和24年7月15日
従業員数 459名(平成26年12月)
URL http://www.lilycolor.co.jp/