sansan

日刊工業新聞社がSansanの名刺管理を導入 ~社員保有の名刺から顧客情報基盤を構築~

株式会社日刊工業新聞社

導入リリース

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘、以下Sansan)は、株式会社日刊工業新聞社(本社:東京都中央区、取締役社長:井水治博、以下日刊工業新聞社)がこのたび顧客情報基盤の構築を目的にクラウド名刺管理サービス『Sansan』を導入したことを2015年2月2日付で発表します。

logo_nikkan_w600.gif

■導入の背景:創刊100周年事業の基礎となる顧客情報基盤の構築

産業総合紙のパイオニアである「日刊工業新聞」をはじめ、出版、展示会、セミナーなど多くのBtoB事業を展開する日刊工業新聞社では、2015年11月の創刊100周年を契機とした様々な事業にあたり、顧客情報基盤の構築が必須と判断。基盤構築のために社員が保有する大量の名刺のデータ化、並びに既存情報との再統合に着手することとなりました。

 

■Sansanを選んだ理由:精度の高いデータベースをスムーズに構築できるSansanの機能

Sansanは名刺をスキャンするだけで正確なデータベースが構築される機能を有しているため、社員が保有する名刺を過度な負担をかけずスムーズに取り込み、データ化することが可能な点が評価されました。また、データベース構築だけではなく、編集部門と営業部門とのファイアウォールや特性に応じた様々な組織活動支援が出来る点も選定の理由となりました。

 

■期待される成果:組織活動支援、将来的には新事業創出の基盤としての活用

名刺情報のデータベース化のみならず、名刺を軸とした情報の整理により、業務引継ぎ時や情報共有不足による機会損失の回避、編集部門においては新規取材先の獲得や各種アンケート調査の簡易化、営業部門ではコネクションを活用した新企画の立案や各ネットワーク事業のクオリティの向上といった効果が期待されます。また、将来的には構築されたデータベースを新規事業創出の基盤として活用することも視野に入れています。

 

Sansanは今後もお客様の営業力強化に貢献してまいります。

株式会社日刊工業新聞社
社名 株式会社日刊工業新聞社
事業内容 日刊工業新聞をはじめとする新聞の発行・販売
URL http://www.nikkan.co.jp/