sansan

株式会社QUICKがSansanの名刺管理を導入 顧客情報共有基盤の構築を目的に

株式会社QUICK

導入リリース

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘、以下Sansan)は、日本経済新聞社グループの証券・金融情報サービス会社である株式会社QUICK(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉岡昇、以下QUICK)が、社内における顧客情報を共有することを目的に、クラウド名刺管理サービス『Sansan』を導入したことを2014年8月6日付で発表します。

■QUICKによる『Sansan』の導入について

QUICK様では、顧客との関係を強化し、サービスの向上につなげるため、社内で保有する大量の名刺を部門間で共有できないかと考えていました。その中で、『Sansan』サービスの下記の特長を評価いただき、導入が決まりました。

~クラウド名刺管理サービス『Sansan』の特長~


1.属人的な名刺管理から共有化へ
営業担当者やサポート担当者の個人管理となっている名刺をスキャンするだけで、正確な顧客情報が蓄積され、共有化も可能になります。


2.最新の顧客情報保持と顧客接点の可視化
蓄積した顧客情報を日経テレコンの人事情報とマッチングさせる機能により、顧客の異動情報を反映し、最新の顧客情報を保持することが可能です。また、会社マスタ(組織ツリー)の自動生成により、顧客接点を可視化できます。


3.リレーション強化で顧客サービス向上へ
顧客情報の共有・可視化によって、顧客とのより一層のリレーション強化が実現し、顧客へのサービス向上につながることが期待されます。

Sansanは今後もお客様の収益増加に貢献してまいります。

株式会社QUICK
社名 株式会社QUICK
事業内容 証券・金融市場に関する総合的な情報ソリューションの提供
設立 1971年10月1日