sansan

賃貸オフィス仲介の三幸エステート、全国の拠点でSansanの名刺管理を導入 ~組織の人脈を可視化・共有、営業機能を強化~

三幸エステート株式会社

導入リリース

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘、以下Sansan)は、三幸エステート株式会社(以下三幸エステート)がこのたび名刺管理の効率化と組織的な営業力強化を目的にクラウド名刺管理サービス『Sansan』を導入したことを9月16日付で発表します。

■導入の背景
組織的な営業力強化を目指すなか、部門間の人脈情報共有が課題に
賃貸事務所や賃貸オフィスの仲介を手掛ける三幸エステートでは、これまで営業担当が交換した名刺の管理は個人に任されていました。取引先に対して組織内の誰がどのような接点を持っているのかという情報を共有する仕組みはなく、顧客情報を企業の資産として活用しきれていないという課題がありました。顧客との関係を強化しサービスの向上につなげるため、社内で保有する名刺を会社の資産として部門を跨いで一元管理・共有したいと考えていました。

■Sansanを選んだ理由
手間なくキーマンとの接点情報を集約できる、Sansan独自の仕組み
名刺管理システムを導入する最大のメリットは、名刺交換したすべての接点情報を可視化できることです。さらにSansanは、個々の社員がそれぞれ登録した同一人物の名刺も、高度な名寄せシステムにより自動的に集約し、データの重複を防ぎます。この独自の仕組みにより、名刺をスキャンするだけでキーマンへの接点情報が漏れなく一元管理できる点が評価されました。

■期待される成果
顧客接点の可視化によって、営業効率UPと顧客サービス向上を実現
三幸エステートでは、東京本社と全国5つの支店(札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡)でSansanを導入しています。
拠点や部門を跨いだ情報共有基盤を構築することで、人脈の共有の他、引き継ぎの効率化やクロスセルの提案など、より効率よく戦略的な営業活動と顧客サービス向上につながることが期待されます。


Sansanは今後もお客様の営業力強化に貢献してまいります。

三幸エステート株式会社
社名 三幸エステート株式会社
事業内容 賃貸オフィスビルの仲介、デューディリジェンス、コンサルティング
設立 1977年5月17日
URL http://www.sanko-e.co.jp/