sansan

つなぐネットコミュニケーションズがクラウド名刺管理サービス「Sansan(旧 Link knowledge)」を導入

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ

導入リリース

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 寺田親弘)のクラウド名刺管理サービス「Sansan(旧 Link knowledge)」を、株式会社つなぐネットコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 可部谷徹、以下つなぐネットコミュニケーションズ)が導入したことを2009年7月1日付で発表いたします。

 「顧客管理に関する課題を導入によって解決することができ、期待以上の成果を挙げることができた」とご好評をいただいております。

導入による成果

 Sansan(旧 Link knowledge)によって、営業効率が大きく改善されたとの声をいただいております。代表的な効果をご紹介します。


■「顧客への重複アプローチの解消」
 導入前は同じ顧客に対して複数部署の営業担当者が重複してアプローチすることも多く、営業資源を有効に活用することができていませんでした。Sansanのコンタクト履歴管理機能の活用により、重複を未然に防ぐことができ、限られた営業資源で成果を大きく伸ばすことが可能となりました。コンタクト履歴管理機能とは、顧客との面会、電話、メールのコンタクト情報が蓄積され、その履歴を社内で共有できる機能です。


■「顧客の最新情報をリアルタイムに入手」
 導入によって、顧客企業に関するニュースやプレスリリース、企業属性情報などをタイムリーに入手することが可能になり、より踏み込んだ営業ができるようになりました。このため、アプローチのタイミング、提案の内容など、営業の質が飛躍的に向上しました。Sansanでは名刺交換をした企業のニュースを1時間おきに複数のソースからクリッピングし、配信します。また、企業独自のプレスリリース、適時開示情報や、TSR(東京商工リサーチ)の企業情報まで収集可能であり、顧客企業の最新動向を把握して営業活動に活用できます。


■「SFA(Salesforce)と連携し、業務フローの改善」
 既に導入済みのSalesforceとSansanを連携させることで、顧客情報入力、管理等の手間を大幅に削減し、業務フローの効率化を実現しました。SansanはAppExchangeを提供し、取り込んだ名刺情報を両システムで相互利用するなど、Salesforceとのシームレスな連携を実現できます。

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ
社名 株式会社つなぐネットコミュニケーションズ
事業内容 マンション商品企画時のインターネットシステム設計、ITを活用したマンション商品企画、マンション販売時のWEBプロモーション、施工時の監修、居住者様入居後のインターネット接続サービス「e-mansion(イーマンション)」(※)運営や、新築分譲マンション向け緊急地震速報サービス「SCOOP(スクープ)」の提供、マンション居住者向けコミュニティサイト「Chorocobi(チョロコビ)」の運営など。
設立 2001年1月24日