Sansan

あらゆる部門で活用 | 経営企画部 よくある課題を
チャンスに変える

経営企画部門でよく起こる課題に対して、
Sansanをどのようにご活用
いただけるかをご紹介します。

課題 01

全社業績把握

会社業績の把握に
工数がかかる

Before

データが社内に分散しデータの整理統合に
工数がかかる

After

表記ゆれや社名など名寄せすることで複数データの統合が
可能に

経営判断を スピーディー

Sansanの機能

  • Sansan Data Hub

    全社の顧客データを
    統合

  • Salesforce連携

    最新の顧客データベースを
    Salesforce上に構築可能

  • 外部連携

    ビジネスに不可欠な多種
    サービスとの連携が可能

※ Salesforce は salesforce.com, inc. の商標であり、許可のもとで使用しています。

※ Salesforce は salesforce.com, inc. の商標であり、許可のもとで使用しています。

課題 02

事業戦略策定

事業戦略に必要な顧客・会社情報の項目が
不足している

Before

限定的な項目の顧客情報しかなく、データ分析に活用できない

After

売上、従業員規模などの多様な属性情報を付与

分析に基づいた 戦略立案

Sansanの機能

  • Sansan Data Hub

    全社の顧客データを
    リッチ化

  • 帝国データバンク連携

    帝国データバンクが提供する、
    多様な会社情報を付与

  • 会社マスタ

    会社の基本情報や財務諸表を、
    会社マスタとして閲覧可能

課題 03

昨今の経営課題への
基盤整備

働き方改革やDXなど取り組むべき
課題に対して
基盤がつくれていない

Before

部署間に情報が散在し、会社全体の資産として
活用できていない

After

社内の顧客情報を統合することで、連携の基盤となる
マスタをつくる

データ活用の 推進

Sansanの機能

  • 名刺共有

    社内人脈を共有・検索

  • コンタクト

    接触履歴を蓄積・共有

  • 同僚
    コラボレーション

    精通している業界を可視化

活用事例

あなたのチームの
活用シーンはこちら