sansan

あらゆる部門で活用 | マーケティング部 よくある課題を
チャンスに変える

マーケティング部門でよく起こる課題に対して、
Sansanをどのようにご活用いただけるかを
ご紹介します。

課題 01

リードタイムの遅れ

展示会で獲得した
名刺のデータ化に時間がかかり、
スピーディーにアプローチができていない

Before

展示会で獲得した 名刺データ化に工数がかかる

After

短時間かつ正確にデータ化 スピーディーな
アプローチが可能に

簡単に リスト作成・
メール配信

Sansanの機能

  • 名刺データ化

    名刺をスキャンするだけで、
    最も正確な全社共通の
    顧客DBを構築

  • タグ付け

    タグと呼ばれる“しるし”を
    つけるだけで、名刺の
    グループ分けが可能

  • One to One
    メール

    1対1のコミュニケーションの
    ように、複数のお客様に対し
    一括配信でアプローチが可能

課題 02

顧客情報の項目不足

企業名や住所といった
限定的な項目の顧客リストしかない

Before

企業名、住所、部署など限られた項目のみで セグメンテーションができない

After

売上、従業員規模などの多様な属性情報を付与高度な分析が可能

顧客リストの 自動
リッチ化

Sansanの機能

  • 会社マスタ

    会社の基本情報や財務諸表を、
    会社マスタとして閲覧可能

  • 帝国データ
    バンク連携

    帝国データバンクが提供する、
    多様な会社情報を付与

課題 03

顧客情報が古い

企業・人物情報が最新でないため、
メールやDMが不達になってしまう

Before

住所移転や退職により企業・人物情報が古くなりメール・DMが不達に

After

企業・人物情報を最新に保ち、メール・DMの施策効果UP

最新情報で 施策効果
UP

Sansanの機能

  • 名刺データ化

    名刺をスキャンするだけで、
    99.9%の高精度でデータ化

  • 名寄せ

    顧客情報を自動で名寄せ。
    人物単位で一元管理

  • メール配信

    正確にデータ化された
    名刺情報を利用して配信

活用事例

あなたのチームの
活用シーンはこちら