sansan

あらゆる部門で活用 | 情報システム部 よくある課題を
チャンスに変える

情報システム部門でよく起こる課題に対して、
Sansanをどのようにご活用
いただけるかをご紹介します。

課題 01

データのメンテナンス

入力した顧客情報に不備があり
メンテナンスに困っている

Before

SFAやMAなど 顧客基盤のデータが汚い

After

名刺を正確にデータ化 その後は自動で最新情報に

高品質な 顧客DBを
構築

Sansanの機能

  • 名刺データ化

    99.9%の精度で
    名刺情報を
    データ化

  • Sansan
    Data Hub

    SFAやCRM、
    MAツール上のあらゆる
    顧客データの統合・
    リッチ化を可能に

課題 02

名刺管理のルール整備

個人情報である名刺管理の方法が
定まっておらず困っている

Before

各種シャドーITの利用により 情報漏洩のリスクがある

After

利便性を保ちつつ高セキュリティで安全管理

セキュリティを 高く維持

Sansanの機能

  • スマホアプリ

    名刺の紛失リスク軽減。
    名刺データのキャッシュを
    残さず使用可能

  • アクセス
    コントロール

    情報の閲覧範囲を部署
    単位・
    項目単位で
    細かく設定

  • AD連携

    セキュリティー
    ポリシーの統一

課題 03

社内情報の統合管理

デジタルトランスフォーメーションの
推進が滞っている

Before

SFA、MAなど各種社内システムにおいてデータが分散 / 重複している

After

社内に眠るデータを統合し、 有効に使えるデータを増やす

DXを 実現

Sansanの機能

  • Salesforce連携

    最新の顧客データベースを
    Salesforce上に
    構築可能

  • Sansan
    Data Hub

    名寄せで同一人物判定し
    顧客データを正規化・
    リッチ化・統合

  • 外部連携

    SFA、CRM、MAツールなど
    ビジネスに不可欠な多種
    サービスとの連携が可能

活用事例

あなたのチームの
活用シーンはこちら