欧州から学ぶ経理業務のDXとは
~インボイス制度、Peppolで変わる請求書業務~

今、請求書業務は、大きな転換期を迎えています。
2022年には電子帳簿保存法の改正、2023年にはインボイス制度の開始を控えています。また、インボイス制度の開始と合わせて電子請求書の国際標準規格「Peppol(ペポル)」における日本標準仕様の展開も予定されています。この法改正や制度の開始により、請求書業務のデジタル化が加速していくことが予想されます。
本セッションでは、Sansan株式会社の柴野 亮とQMS Internationalの菅原 淳矢氏による、インボイス制度や電子インボイスでどのように請求書業務が変わるかについて、パネルディスカッション形式で講演します。さらに、欧州で先行して導入されている請求書の国際的標準規格「Peppol」についての先進事例もご紹介します。