ちょっと未来のイベントのかたち
~ビジネスイベントの常識はどう変わる?~

「ビジネスイベント」はコロナ感染拡大の煽りを受け、オフラインからオンラインへと環境が急速にシフトしました。それにより、これまでよりも多くの人にコンテンツを発信できる場となり、今や企業にとっては欠かすことのできないマーケティング手法の1つとなっています。一方で、参加者側は「イベント疲れ」とも揶揄されているように、イベントとの距離がある種近くなったことでいくらか辟易している様子も見て取れます。だからこそイベントを発信する企業は、今の状態に満足せず、非連続にイベントをアップデートしていかなくてはなりません。当セッションでは現状を振り返ることから始め、それを元にちょっと未来のビジネスイベントに求められることについて議論します。