“個”としてのダイバーシティ
~働き方と生き方の融合~

ちょっと未来の働き方、これは必ずしも“組織の中”においてのみ語られるものではないと考えています。ダイバーシティ、多様性、働き方、これらのワードは本来もっと広義であり、昨今私たちが持つ認識や定義に収まらない可能性と柔軟性を持つものではないでしょうか。働くということと、生きるということ、これらの融合について皆さんに提言したいとともに、個としてのダイバーシティについて本セッションでは追及したいと考えます。