CDO Club Japan 理事が語る
デジタルトランスフォーメーション

読了時間:7分
読了時間:7分

資料のポイント

  • 日本企業の76%がDXへの取り組みを始めている・始める意向がある
  • DXが進まない理由の43%が「経営者の理解不足」
  • DXによる産業構造の変化に企業が対応するための4つのポイント

日本企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みは、欧米企業に比べて3周から5周遅れているともいわれています。

企業などのDXの推進役であるCDOの普及啓蒙や人材育成などを行う一般社団法人CDO Club Japan理事の水上晃氏は、企業のDX推進について「経営者がニーズや技術の変化を敏感に察知するとともに、想定外の変化にも柔軟かつ俊敏に対応できる社内体制を整えることが大切だ」と指摘しています。

本資料では、デジタル革命の進展を背景に、日本企業のDXへの取り組みを加速させるポイントを水上氏に伺いました。

フォームの送信完了後に
資料をダウンロードしていただけます。

※ 上記フォームで送信できない場合は、必要項目をメールにご記入の上、までメールをお送りください。
お電話でも承ります。お気軽にご連絡ください。

プライバシーマーク