ABMの基本と成功のポイント
~マーケティングと営業の連携により高い受注率を実現~

読了時間:7分

こんな人におすすめです

  • ABMの導入効果を知りたい方
  • 獲得したリードが活用されていないと感じている方
  • ABMにおける顧客データの収集・活用方法を知りたい方

ABMとは、定義されたターゲットアカウントにフォーカスした戦略的なマーケティングのことで、米国だけでなく国内でも注目が高まりつつあります。

従来のマーケティング手法で生じてしまっていた、営業部門が獲得したリードにアプローチせず、案件化しないという課題の改善に高い効果が証明されています。

そんなABMの入り口に当たるリードジェネレーションにおける名刺の重要性を含め、庭山一郎さんにABMの基本を聞きました。

シンフォニーマーケティング株式会社 代表取締役
庭山 一郎
写真:庭山一郎氏
中央大学卒業。1990年9月にシンフォニーマーケティング株式会社を設立。データベースマーケティングのコンサルティング、インターネット事業など数多くのマーケティングプロジェクトを手掛ける。1997年よりBtoBにフォーカスした日本初のマーケティングアウトソーシング事業を開始。製造業、IT、建設業、サービス業、流通業など各産業の大手企業を中心に国内・海外向けのマーケティングサービスを提供している。米国ダイレクトマーケティング協会(DMA)会員、中央大学ビジネススクール客員教授。
※「送信」ボタンをクリックするとダウンロードページが表示されます。

※ 上記フォームで送信できない場合は、必要項目をご記入の上、までメールをお送りください。

プライバシーマーク