話題の書籍『ティール組織』から読み解く

いま組織が実践すべきは、関係性のイノベーション

読了時間:5分

こんな人におすすめです

  • 現状のマネジメント手法に問題意識を感じている方
  • 会社の組織風土に課題感を持っている方
  • 自社にイノベーションが必要だと感じている方

2018年1月に刊行された『ティール組織』が注目を集め続けています。注目されることの多くは、ティール組織のオープンでフラットな形態についてですが、「組織の関係性や、それを変えるためのコミュニケーションの在り方に着目することが大切」と語るのは、新たな組織の在り方を研究する埼玉大学大学院准教授の宇田川元一さん。理想的な組織の定義とそれをつくり上げるためにできることを聞きました。

※「送信」ボタンをクリックするとダウンロードページが表示されます。

※ 上記フォームで送信できない場合は、必要項目をご記入の上、までメールをお送りください。

プライバシーマーク