Sansan活用Tips
よりご活用いただくための
情報配信とセミナーのご案内
活用促進

メール配信ってとっても簡単! 3つだけ準備して、今日にもメールを配信しよう

2019.02.01 更新

皆様、メール一括配信はしてみましたか?

「やりたいけど、腰が重い」 確かに、一気に何千件のメール配信て大変そう、と思われてしまうかもしれません。実はメール配信は、たった3つの事前準備と15分の配信作業で送ることができます。今回は、メール配信の事前準備3つをご紹介します。

メール配信前の事前準備3つ

1. 差出人名と署名を設定しましょう

メールの差出人名は、Sansanに登録されているユーザ名になります。差出人名としてはふさわしくないかも……という場合は、管理者に、変更を頼みましょう。差出人署名の設定は、設定画面で、普段お使いの署名をコピー&ペーストして、保存してください。メール本文に署名を差し込んだ際に、反映されるようになります。

2. 配信したい名刺にタグをつけましょう

次は、目印として、配信したい名刺にタグをつけましょう。メールの内容によって、こんなタグをつけます。

セミナー参加者へのお礼メール ・・・ セミナー参加者タグ
掘り起こしメール・・・  受注確度Cタグ
ご挨拶メール・・・  配信NGタグ ※NGタグ以外の名刺に配信

メール配信の際は、タグで抽出をし、“メール配信タグ”をつけることで、宛先を指定します。

3. メール文面を作成しましょう

メール本文を作成しましょう。メルマガに見えないように、文面を短めにするのがおすすめです。会社名や名前が自動的に差し込まれる差込文字を適宜追加して文章を作成します。その際は、2点注意してください。

① 氏名の差込の後に、「様」を忘れずつける
② 差出人の署名を、忘れずに差し込みする ※One to One形式と個人利用の場合

「何千人のお客様に、よびすてでメールを送った」という悲劇を防ぐためにも、「様」には気をつけましょう。メール本文は、テンプレートに設定すれば、繰り返し使うことができます。メール文面に悩まれた際は、こちらのページが参考になるかもしれません。

メール配信方法は動画で

ここまできたら、あとは実際の配信のみ。15分で終わります。配信方法は、こちらから。


 

×

あわせて読みたい記事

参考にされている記事ランキング

Sansan活用のための各種資料

お客様にSansanをご活用いただくための資料をご用意しました。
ぜひダウンロードしてご一読ください。

Sansan 初期設定ガイド
(管理者向け)

Sansanはじめてガイド

sansan_beginners_guideのサムネイル

Sansan説明会キット

タグのサンプル資料

tag_sampleのサムネイル