Sansan活用Tips
よりご活用いただくための
情報配信とセミナーのご案内
導入支援

【管理者の方へ】営業社員だけでなく、バックオフィスの利用率も上げる方法

2019.07.10 更新

「利用率が当初の想定より低いな…」とお悩みの管理者の方向けの記事となります。

利用率は、導入効果の検証の際にまず見られるポイントです。
今回は、状況を大きく2つに分けて利用率を上げる方法をご紹介します。

 

1. コアユーザの営業系社員の利用率が低い場合

使い方、活用シーンが分かっていない

「使い方が分からない」「営業活動へのメリットが見えない」
このようなユーザは、忙しい中でSansanを使い始めてみようという気になりません。

そんな場合には、営業社員向けのSansan説明会を実施しましょう。
説明会キットでは誰でも簡単に、操作方法と活用シーンを15分で説明できます。
朝会やMTGの後15分だけで、利用率は間違いなく上がります。

関連記事
2018.04.27read more

 

スマホアプリを利用していない

外出が多い営業社員が中心で使うのは、PC版ではなくスマホアプリです。
スマホアプリは、営業支持率が非常に高いツールです。
[スマホアプリ利用率(月次)]が0%の社員には、スマホアプリのインストールをアナウンスしましょう。

関連記事
2017.05.14read more

 

2. 非営業系社員の利用率が低い場合

「営業は一旦使えてる!ただ、営業以外は一切使っていない…」
これは、Sansanを全社のインフラにできていない状況です。

営業でない方もSansanを使うメリットは沢山あります。
・連絡先検索の効率化
・ベンダー管理
・全社の個人情報保護

簡単な説明会の実施が利用率を上げるのには最も効果的です

一気に利用率を引き上げるのであれば、説明会のアレンジが効果的です。
全社集会の後などを活用し、説明会キットをつかって説明会を実施しましょう。

関連記事
2018.04.27read more

 

全社員を集めての説明会がどうしても難しい…という方は、
まずは、下の記事よりバックオフィス向けの活用方をチェックしてみましょう。
Sansanでは営業だけでなく、バックオフィスの業務効率化も実現することができます。

関連記事
2017.05.05read more

 

メッセージ機能を使って利用促進を行うと、さらに効果的です

口頭での周知後に、再度ユーザに対応期限と操作方法を展開するとより効果的です。
そんなSansanのお知らせには、是非メッセージ機能を使いましょう。

メッセージ機能とは…
・Sansan内のチャット機能
・メッセージを送ると、メールでも通知
・部署ごとの一括宛先指定が可能

メールではなくメッセージ機能に集約することで、生産性がより上がります。

 

説明会を開催して社内の利用率を上げていきましょう

説明会キットを使うと利用率の向上に効果的です。
是非、説明会を開き、Sansanを全社のインフラにしていきましょう。

 

 

×

あわせて読みたい記事

参考にされている記事ランキング

Sansan活用のための各種資料

お客様にSansanをご活用いただくための資料をご用意しました。
ぜひダウンロードしてご一読ください。

Sansan 初期設定ガイド
(管理者向け)

Sansanはじめてガイド

sansan_beginners_guideのサムネイル

Sansan説明会キット

タグのサンプル資料

tag_sampleのサムネイル