Sansan活用Tips
よりご活用いただくための
情報配信とセミナーのご案内
導入支援

【管理者向け】1ヶ月でSansanを導入!「いつ、なにをすればいいか」をご紹介します

2019.07.08 更新

この度はSansanをご導入いただき、誠にありがとうございます。

管理者の皆さんの中には、「まず何をすればいいのか」、「どういうスケジュールで進めるべきか」と不安な方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、導入直後の管理者の方向けに、1ヶ月で全ユーザが使える状態を作るために「いつ、なにをすればいいか」をご説明します。

※本記事は、約300ID以下の企業様を対象としております。

目次

▼導入スケジュールサンプル

▼Sansan導入の4Step

Step1. 環境を整える
Step2. 全ての名刺のスキャン
Step3. 説明会の準備
Step4. 基本機能マスター

こちらが平均的な導入のスケジュールです。導入までは平均約1ヶ月です。
Step2の名刺スキャンから、Step4の基本機能マスターの日程が空いてますが、これは初期名刺のスキャンにおいて、データ化にある程度時間がかかるためです。名刺がないと説明会をしてもイメージが湧きません。データ化がある程度進んだ後、実際の御社の環境で説明していただくのがおすすめです。

では、具体的にStepごとにご案内します。

Sansan導入の4Step

Step1. 環境を整える

Sansanを導入することをユーザ全員にお知らせしましょう。最初の段階で、いかにユーザ全員に初期設定と名刺スキャンをしてもらうかが、導入成功のカギになります。
周知の成功のコツは、全員が集まる全社集会で、導入決定者など影響力のある方がおこなうこと。失敗しやすい例としては、メールや掲示板のみでの周知。見逃される可能性が高いです。口頭でのお知らせの後、詳細をメールするのが最も効果的です。
周知の後、全ユーザの部署追加とユーザ追加を行いましょう。

ユーザ追加の方法はこちらから

関連記事
2017.02.23read more

Step2. 全ての名刺のスキャン

Sansanを使う環境が整ったら、社内の全ての名刺をスキャンしましょう。
スキャンする際には、名刺交換日に注意が必要です。

スキャナの運用方法についてはこちらから

関連記事
2017.03.23read more

Step3. 説明会の準備

説明会実施前には、未利用の方々の利用開始を促進し、初期設定が完了するように周知をしましょう。
また、事前に「運用ガイドライン」を準備しておきましょう。

運用ガイドラインのサンプルはこちらをご覧ください。

また、利用実績の確認につきましては、利用実績の確認方法は下記資料をご覧ください。

関連記事
2017.05.30read more

Step4. 基本機能マスター

環境が整い、ガソリンも入ったら、運転ができるように社内説明会を実施しましょう。社内説明会は、事前に皆さんにログインをしてもらった上でPCとスマホを持参してもらい、一緒に操作をしながら実施しましょう。
説明は、「社内説明会の進め方」に沿って実施いただくと、基本的な機能の説明は網羅できます。

さて、後は活用するだけです!

Step4まで終われば、Sansanを活用する土台が整った状態です。活用方法については、セミナーや本活用TIPSを是非ご利用ください。

Sansanは、全社で利用するとより真価を発揮します。

関連記事
2017.05.05read more

セミナーに参加してもっとSansanを活用しませんか?

×

あわせて読みたい記事

参考にされている記事ランキング

Sansan活用のための各種資料

お客様にSansanをご活用いただくための資料をご用意しました。
ぜひダウンロードしてご一読ください。

Sansan 初期設定ガイド
(管理者向け)

Sansanはじめてガイド

sansan_beginners_guideのサムネイル

Sansan説明会キット

タグのサンプル資料

tag_sampleのサムネイル