sansan

契約関連情報の確認が
Sansanで可能に

「契約管理オプション」
活用モデル事例をご紹介

資料ダウンロードはこちら

契約管理オプション
for クラウドサイン

名刺をスキャンするだけで、
契約情報を確認できる

新規で契約書の準備を進めていたのに、実は過去に契約を結んでいたことが発覚…
こんな経験はありませんか? 契約管理オプションは、名刺をスキャンするだけで、
クラウドサイン上の契約書情報が名刺データと突合され、
取引先との契約関連情報を、法務部門を介さず、Sansan上で確認することが可能になります。
契約状況を事前に把握できるため、営業活動の効率化と法務の業務負担を軽減します。

※ ご利用には、Sansan、クラウドサイン両サービスの契約が必要です。 ※ 契約内容及び詳細については、クラウドサイン上での確認となります。閲覧は、クラウドサインでの権限を持つ社員に限定されます。

活用メリット

契約関連情報の確認が
スピーディーに
法務を介さず、
取引先との
契約関連情報が確認可能に
通常、企業の営業担当者や購買担当者は、対面企業と自社との契約関係を確認する際、法務部門への依頼が必要になります。しかし、契約書類の確認作業は非常に時間がかかり、その間の営業活動や企業活動が止まってしまいます。契約管理オプションは、これらの契約書類の確認を、法務を介さず可能にし、案件進行のスピードアップを可能にします。
Before
契約情報の確認が必要なたびに、
法務の手間と時間を要し、その間の
営業活動が滞る原因に
After
名刺をスキャンするだけで、
Sansan上で契約関連情報の確認が可能に
営業活動のスピードが向上
法務部門の
業務負担を解消
契約書を探し出す
手間がなくなり、
業務が効率化
法務担当者は、新規取引の契約書作成依頼があった場合、その都度、過去の契約有無や詳細情報の確認作業を行なっています。紙の原本を倉庫にしまっていた場合などはさらに大変です。格納されている段ボールを運び出し、書類を探さなければならず、結果、多くの業務負荷がかかっているのが現状です。契約管理オプションは、名刺をスキャンするだけで、法務部門の手を煩わすことなく、契約関連情報の確認ができ、法務担当者の業務効率化を実現します。
Before
契約内容の確認依頼のたびに、
過去の情報を洗い出す必要があり
法務部門の業務を圧迫する原因に…
After
Sansan上で取引先との
契約関連情報が確認できるため、
契約書を探し出す必要がなくなり、
法務担当の業務負担を解消
契約関連情報を
営業活動に生かせる
契約関連情報をもとにした、
対面企業との接点を可視化
契約関連情報がSansan上で確認できることで、営業やフロントメンバーは、自社と対面企業における契約上の接点を把握することが可能になります。これにより例えば、自社が過去にサービスを購入した経緯はあるか、研究開発での連携はあるか、などの取引情報を把握することができます。さらに、それぞれの窓口となる、社内パイプはどこにあるのかをSansanで同時に確認できます。これまで、法務部門に閉じていた、契約関連情報がオープンになることにより、営業活動の強化にも活用することができます。
Before
過去の契約関連情報は、法務に閉ざされているため 対面企業との接点情報が把握できず、
営業活動に生かせない…
After
法務以外のメンバーが、
契約関連情報を把握できることで
対面企業との新たな接点が見つかり、
無駄のない効率的な営業が可能に
契約関連情報の確認が
Sansanで可能に
法務の業務負担を軽減し、
営業活動も効率化

「契約管理オプション」活用モデルケースをご紹介

資料ダウンロードはこちら