sansan

レポート・コラム

デザイン性の高い名刺で印象付けを。

名刺活用

デザイン性の高い名刺で印象付け   名刺交換は相手と顔を合わせて一番最初に交わすコミュニケーションです。 その名刺交換によって相手が受ける自分の印象は大凡決まる、と言っても過言ではありません。 名刺交換だけで相手が収集出来る情報量は、非常に限られています。 今回のコラムでは、文字の情報以外にも印象を植え付けられるような名刺とは一体どんな名刺なのか、説明していきたいと思います。

名刺で個性をアピール

人それぞれに個性があるように、名刺一枚一枚にも個性が必要です。 では自分の個性を名刺で表現する方法は何だと思いますか? ずばり、名刺のデザイン性を高めることです。 各業種によって色合いや形はもちろんのこと、紙質などにも拘っている人も見かけます。 名刺の配色としておすすめしているのが、自社の”コーポレートカラー”です。 まだコーポレートカラーがないという場合、自社製品や雰囲気などにあったイメージカラーを決めて行きましょう。 配色選びに悩んでいる方にお勧めのカラーを一部紹介します。 :情熱、元気、活発 オレンジ:朗らか、明るい、暖かい :自然、癒し、リラックス 白:清らか、純粋 :冷たい、静か、さわやか 紹介したもの以外にも色が与えるイメージはたくさんあるので、自社にあったイメージのカラーを探してみてください。 ひとつ注意しておきたいポイントは、名刺の文字色をカラフルにしてしまうと、何が大切な情報なのかわかりづらくなってしまう可能性があるため、基本三色でまとめるのがお勧めです。

自分の個性を発揮する名刺

今回は名刺のデザイン性について紹介いたしましたが、名刺のデザイン性以外にも自社のイメージを印象深く付ける方法は他にもたくさんあります。 ・自社のキャッチフレーズを入れる。 ・自己PR文を入れる。 ・よく使う連絡手段方法は大きく表示する。 ・文字の大きさと色は見やすいものを使う。 ・似顔絵や顔写真を入れる。 ・名刺の裏側を有効活用する。 重要なのはデザイン性より文字情報の正確さであることは確かですが、あまりにも無機質でシンプル過ぎる名刺は確かな情報があったとしても、相手に深く印象付けるのは難しいかもしれません。 個性的でユーモアに富んだ、デザイン性の高い名刺は気軽に使えるマーケティングツールの一つとしておすすめです。 自社イメージの範囲内で、個性に満ち溢れた自分だけの名刺作りにも挑戦してみてはいかがでしょうか?