sansan

レポート・コラム

人気のSansan TVCM第3弾!また、やられた!やっと田中常務に会えたのに…。

名刺活用

「出張」と「出向」一文字違いでも大きな違い

既にご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、8月からSansanのTVCM第3弾が放映開始しています。営業先のキーマンである田中徳兵衛常務に会うため、いろいろと頑張ってきたのですが、その甲斐あってやっとご本人に会えることに!台湾にいるということで、わざわざ台湾出張したのですが…なんと!田中常務は既に営業先のキーマンではなく、新たな常務が着任されたとのこと。田中常務は出張ではなく、出向で台湾に来ていたのです。

TVCM第3弾 面識あり2015「また、やられた」篇です!
 

人事異動情報を把握できていなかった結果…

いろいろと突っ込みどころが満載のTVCMですが、そこはぜひ楽しんでいただいて、せっかく会えることになった田中徳兵衛常務の人事異動をなぜ”正確に”把握できなかったのか?ということについて考えてみたいと思います。 まず、浅葉建設ほどの大企業(のはず)であれば、新聞に人事異動情報が掲載されそうですし、出張ではなくて出向であれば、先方から連絡が来ても良さそうなものです。ですが、今回その両方がなされていなかった、もしくは、見逃してしまったということなのでしょう。その結果、あの3人組はわざわざ台湾に行ったにもかかわらず、何の収穫もなく帰ってくることになってしまったのです。(突っ込みたい方はいらっしゃると思いますが、それがこの人達のこの人達たる所以なのです…) こんな時、Sansanを使っていれば、人事異動情報が自動で通知されるので、タイミングを逃さずアクションできたはずです。今までお世話になった田中常務に感謝を伝え、後任である満島常務を紹介してもらうこともできたのではないでしょうか。他社と案件を競っているこの状況でのタイムロスは悔やまれてなりません。

これで終わりじゃない! 今までのつながりをこれからも活かす

案件のキーマンは田中常務から満島常務に変わったので、これからこの3人組は新キーマンの甥っ子である若手社員のつながりを活かして案件を動かしていくだろうことが想像できます。無事案件を受注できれば良いですが、果たしてどうなることやら…。 個人的には、台湾に出向してしまった田中徳兵衛常務とのつながりを今後も活かしていくことで、今までの彼らの活動が実を結ぶ日が来ることを切に願います。