menu
Slack × ナビタイムジャパン × Sansan

働き方改革2.0
〜コラボレーション改革〜

生産性と創造性を高めるプラットフォームとは
※現在予定されているセミナーはございません。
こんな方にオススメ!
  • 自社の働き方に課題感があり、解決するヒントがほしい
  • 生産性向上に取り組んでいるがうまくいっていない
  • 他社の働き方について学び、自社の参考にしたい
  • イノベーティブな組織にするために、どのようなソリューションがあるのか知りたい

多様化が進む時代の中でイノベーションを起こすためには

人口減少などのマクロ的要因から、生き方の多様化が進み、それに合わせ働き方改革に取り組む企業も増え続けています。弊社の調査では、「あなたの勤務先が取り組んでいる、働き方改革の目的は何ですか。」という質問に、59.5%の企業が「生産性向上を目的としている」と回答したのに対し、47.1%の企業は「業務に支障をきたしている」という結果がでています(調査:2018年 Sansan株式会社)。多くの企業が働き方改革を企業の経営課題として捉え、試行錯誤しながら環境整備を進めているものの、現場は成果を感じていないということがうかがえます。

では制度だけの働き方改革になるのではなく、改革した上で生産性が向上し、イノベーションを起こし続けるためにはどのようなことが重要になるのでしょうか。変化し続ける時代と働き方を受け入れ、イノベーションを起こし続けるためには、社員同士、企業同士の”コラボレーション”が必須です。

本セミナーでは、働き方改革を推進するソリューションを提供するだけではなく、自ら先進的な働き方を実践するSlack様、ナビタイムジャパン様をお招きし、“コラボレーション”をテーマに、各社が考える新しい働き方と実現する取り組みについて、事例を交えながらお伝えします。

当日は、登壇者を交えた参加者同士の交流会をご用意しております。他社の取り組み、成功事例などの情報収集、課題解決のヒントを得る場としても是非、ご活用ください。

※同業他社の参加はお断りをしております。

SPEAKERS講演者

越野 昌平
Slack Japan株式会社 Business Growth Japan
日系通信キャリアにて大手金融業並びに製造業向けのビジネスを経験後、2013年からAmazonにてAWSの日本ビジネス拡大を経験し、現職。2018年7月より日本全国にSlackを広める事をミッションとして従事。
天野 剛志
株式会社ナビタイムジャパン 経営推進部 情報システム部門
新卒で入社した旅行会社にて、営業・システム運用/構築を経験。 2007年から株式会社ナビタイムジャパンに入社。 入社以来、一貫して情報システム部門にて社内システムの運用/構築を担当。
山﨑 文隆
Sansan株式会社 デジタル戦略統括室 マネジャー
大学卒業後、株式会社キーエンス入社。 測定器営業、IT系の新規事業の立ち上げ、本社にてITインフラ部門を経験。 その後、新エネルギー系のベンチャーの立ち上げを経て、株式会社インテリジェンス(現パーソルプロセス&テクノロジー)にて、新エネルギー業界特化型アウトソーシング事業の立ち上げに参画。 2016年、Sansan株式会社入社。 名刺管理サービス「Sansan」の大手企業向け営業、インサイドセールスの研修・システム設計、改善を経て、現在は顧客のデジタル戦略を側面から支援する。

ENTRYお申し込み

※現在予定されているセミナーはございません。

PICKUPその他のセミナー