社内の名刺を一括管理
法人向けクラウド名刺管理サービス
Sansan

3分早わかり資料をダウンロード

シェアNo.1の
名刺管理サービス

業種・業態問わず、中小企業様から
数万人規模の大手企業まで
幅広くご利用いただいております。

導入事例

  • 法人領域での新規契約数・取引商談数が導入後1年間で30%増を実現。

    株式会社クレディセゾン

    • 30万枚を超える名刺の管理に活用
    • 名刺情報が会社の網羅的なデータベースとして全社の法人営業に役立っている
    • 個人の人脈を会社の社脈として活かした営業活動が行えるようになった
  • Sansanほど現場からよろこばれたITツールは今までありません。どんな部門でも業務効率化に寄与すると思います。

    三井不動産株式会社

    • 全社導入により顧客情報共有基盤を構築
    • 部門や世代を超えた情報共有が可能に
    • 新しいつながりが可視化され、人脈の広がりに貢献している
  • 売上げを含めて月で100〜200万ぐらいコストが削減できている実感があります。

    エクスチュア株式会社

    • 顧客情報の一元管理により、情報連携の工数を大幅に削減
    • 人事異動ニュースを活用し、スピード感を持った営業が可能に
    • Sansanを起点として様々なソリューションを連携し、マーケティングを自動化

名刺をスキャンするだけ
精度99.9%の「AI名刺管理」

名刺をスキャンするだけで、
高度なAI技術と
オペレーターの手入力によって
ほぼ100%の精度でデータ化され、
パソコンやスマホなどで
活用できるようになります。

ご利用の流れ

Sansanの特長

01

全社員の人脈を
社内で簡単に共有

Sansanは、一般的な名刺管理とは異なり、名刺データを会社・人物単位で自動的に集約することができます。
全社の人脈をフル活用し、あらゆるチームでビジネスをもっとスムーズに、そしてスピーディに前進させられるようになります。

02

名刺交換した人の
人事異動情報や
企業の最新ニュースが届く

Sansanに名刺をスキャンしておくだけで、ダイヤモンド社やEightからの人事異動ニュース、ビジネスに役立つ企業関連ニュースを自動で受け取ることができます。
ニュースをきっかけに、新たなビジネスチャンスが生まれることもあるかもしれません。

03

議事録を会社や
人物情報に紐づけ

スキャンされた名刺データに紐づけて、メモや議事録を登録、共有することができます。
過去のやり取りや自分以外の社員による情報を材料に、最適なコミュニケーションや打ち手を考えることが可能になったり、異動や退職時の引継ぎがもっとスムーズになります。

04

オフィスでも外出先でも
あらゆるシーンで活用

アプリを使えば、社外でもSansanを活用できます。たとえば、外出先の訪問前。自分のスマートフォンから相手の所属部門や連絡先、会社の住所や過去のやり取りを簡単に確認することができます。

05

個人情報を
セキュアに管理

紙の名刺ではどうしても紛失や持ち出しのリスクが生じます。Sansanでは、メガバンクなどの金融機関でも認められた高度なセキュリティ水準で情報漏洩のリスクを最小限に抑え、安全に情報を活用することが可能です。

Special Contents
CMギャラリー