名刺関連アイテム

まだ本気出してないだけ?あなたのキャリアと年収アップを導くかもしれない名刺整理の4つの壁!

6月が終わり、七夕の季節になりましたね。
こんにちは、短冊に書くお願いごとを決めきれなかったケンです。

七夕の季節になり、将来の夢やお願いごとに思いを馳せた方も多いのではないでしょうか。
仕事の悩み、キャリア、人間関係、恋、健康、家庭、子育て・・・

そんな七夕に、次のような記事を見つけました。

これをよんでしまうと、どんな願い事のパワーもお金のパワーにはなかなか勝てないと感じてしまうかもしれません。

歴史的に有名なあの方々たちのお金に関する数々の格言を残した、次の記事です。

お金にまつわる素晴らしい名言・迷言集

“宇宙で一番強い力は何かって? そりゃ金利の複利効果だよ”

アルベルト・アインシュタイン

アインシュタイン

特殊相対性理論と一般相対性理論を発見しノーベル物理学賞を受賞した天才学者も、お金に関してこんな格言を残しています。

それにしても「宇宙で一番強い力」がこんなに身近にあったものとは驚きです。

“「あなたが一番影響を受けた本はなんですか」 「銀行の預金通帳だよ」”

バーナード・ショー

ショー

ミュージカルで有名な『ピグマリオン』の作家で、アカデミー脚色賞やノーベル文学賞を受賞したアイルランドを代表する劇場作家もこんなことを言っています。

人間の強さや弱さなどの真理を見ぬく文学者の目にも、やはりお金の力は強く映ったようです。

“若いときの自分は、金こそ人生でもっとも大切なものだと思っていた。今、歳をとってよくわかったのだが、まったくその通りだった。”

オスカー・ワイルド

オスカー・ワイルド

『幸福な王子』や戯曲『サロメ』で有名なオスカー・ワイルドもお金のパワーには全面的に同意するようです。

歴史に名を残す著名人も、現代を生き抜くビジネスマンと同じようにお金に関して思考を巡らすことも多かったようですね。

ところで、実は年収と名刺管理に密接な関係があることは御存知ですか?
「嘘・・・」と疑ったそこのあなた!あなたの年収アップ、まずは名刺管理の方法を見直すことからはじまるかもしれません!
それでは名刺とお金に関する関係を紐解きましょう。

名刺管理と年収の意外な相関関係!

収入が高い人ほどしっかり管理していることが判明!!

まずは、Sansan株式会社の面白い調査リリースをご紹介します。

調査レポート「社会人の人脈調査2013」の結果公開によると、年収が高い人ほど名刺管理をしっかりしている傾向があるという結果が出ています。


グラフ

  1. 年収が高いほど、名刺管理をきちんとしている。
  2. 年収が高いほど、一ヶ月に受け取る名刺が多く現在持っている名刺数も多い
  3. 年収が高いほど、名刺整理にかける時間が多い

それでは、年収400万のビジネスマンと年収800万のビジネスマンの名刺管理の違いについて、詳しく見てみましょう。

◆年収400万以下のビジネスマンの名刺管理は

  1. 大半の人がツールを使って名刺を管理していない
  2. 毎月の名刺交換は多くても5枚
  3. 大半が名刺整理の機会を取っていない

「ツールを使って管理していない」や「名刺整理の機会を取っていない」と聞いて、ドキッとした方も少なくないのではないでしょうか。毎月の名刺交換枚数も少なく、ビジネスの機会が少ないのも特徴かもしれません。

◆年収800万以上のビジネスマンの名刺管理は

  1. 60%がひと月に5枚以上の名刺交換
  2. 名刺管理にはデジタルツールを利用
  3. 一年に一度は名刺を整理することがある

「デジタルツールを利用している」、「年に一度は名刺の整理をしている」など、年収の高い人は、名刺の管理について、やるべきことをしっかりやってる印象です。ここでいうデジタルツールとは、エクセルなどの表計算ソフトを使う方法、カメラやスキャンなどで画像を取り込んで管理、スマートフォンアプリを使って管理することを指すそうです。

これができれば続けられる!
名刺管理を続けるために乗り越えるべき4つ壁と突破方法

以上の調査からは、「名刺管理のしっかりやれば、必ずキャリアアップして年収があがるんだ!」と言い切るのは難しいかもしれません。

しかし一方で、「名刺を交換する機会を大事にし、人的ネットワークを大切にしている」ような人が成功するという考え方にもなかなか説得力があるのではないでしょうか。

いずれにしても、名刺管理をしっかりしたほうがよさそうです。
そこで、名刺管理を続ける上で、つまずきがちなポイントと解決方法を4つのステップに分けてご紹介します。これで皆さんのキャリアアップや業務効率化を実現してくださいね。

●ステップ1(名刺登録の壁)
スマートフォンアプリで即日データ化!

Hands holding smart phone and business card with qr code

個人で利用する名刺管理ツールは、とにかくアプリが一番です。

 

外出先で名刺を確認できるし、カメラで撮影して簡単に登録できます。
今では無料のものも多く、クラウドサービスで端末に情報が残らず、セキュリティの観点でも許容出来るものが増えています。

名刺はとにかく交換したその日のうちにデータ化することがポイントです。

アプリを利用して電車を待ってる時間など商談の間のスキマ時間を利用して、名刺の読み取りと手直しを実施しましょう。

名刺管理を習慣化させたければ、まずは名刺を登録する癖が必要です。そのためにはキマ時間を活用することが一番です。

●ステップ2(便利な検索の壁)
交換日・氏名などで検索できるように

ノートパソコンを使う女の子

いざ名刺を検索した際、目的の名刺が見つからないと、とたんにツールを利用するモチベーションが下がってしまいます。

 

目的の名刺を探しやすいように、名刺にタグ付けし検索しやすくしましょう。

名刺交換日や氏名の他に、出会ったイベントや交流会、役職でソートができればまず問題ないでしょう。

OCR処理でデータ化された名刺でも必ず手直して正確なデータにしておくことや、交流会やイベンドのグループを作って、こまめにグルーピングしましょう。

●ステップ3(利用頻度の壁)
業務に必要な情報はアプリに集約

smart phone digital tablet with icons

役に立つ付加情報は全て名刺に記入するようにしましょう。

相手の業務用の携帯番号・名刺交換日など、名刺に直接書き込んだり、アプリのメモ欄に記入します。

先方の担当している業務やプロジェクトや前職などの経歴を名刺と紐付けて管理することで、何かあるたびに名刺管理アプリを見る癖をつけましょう。

●ステップ4(情報更新の壁)
転職・昇進・異動のビジネスサイクル

止まらない成長

ビジネスパーソンならば、数年おきに転職・昇進・異動といったサイクルがあります。そのたびに連絡先が変わることもしばしば。気づいた時には、名刺管理ツールの中のデータが古いものばかりという事にも繋がりかねません。

定期的にコンタクトを取ったり、メールでやりとりする中で、そうした変更点に気づいたら、その場で名刺データを修正しましょう。

転職で会社や役職がガラッと変わっていた場合、手作業で新たに名刺データを登録し直す必要があるかもしれません。そんな時も、前職の上方をメモしておく工夫をすることで、思い出しやすくなります。

名刺管理の壁を知っておけば、スムーズな管理を実現!
自然と年収アップ!?

名刺の管理といっても、人事異動や転職といったビジネスライフサイクルまで考えると、奥深いことだとわかります。是非、ビジネスマンがつまずきがちな4つの壁を予め把握した上で、継続的な名刺管理にトライして下さい。

最近では様々な名刺管理ツールが増えてきていますが、Sansanの名刺管理なら、人事異動情報のキャッチアップや名刺の履歴まで追えるようです。
自分に合ったツールを探してくださいね。


以上、いかがでしたか?

名刺管理はビジネスマンにとっての永遠の課題。
しっかりした管理を継続すればするほど、貴方のキャリアを豊かにすることができるかもしれません。

今回のノウハウを用いて、あなたのキャリアを加速させてくださいね。