名刺関連アイテム

こんな時どうすればいいの!?シーン別名刺交換マニュアル

GWも終盤に差し掛かり、新入社員の方々は社内研修を終えて、

営業同行や社外の方とのミーティングが増えてくる時期でしょう。

そのため、毎年このシーズンに話題に上げる名刺交換の話しを更に深堀りして

ご紹介していこうと思います。

こんにちは!

名刺のネタ帳管理人のケンです。

社内研修で皆さん、名刺交換の方法は学んだでしょうか?

まだ、完璧ではない、あるいは今から学ぶという方は前回の記事、

”名刺の渡し方でレベルが分かる!?知っておきたい美しい名刺交換マナー”

をご覧ください。

はじめに

今回ご紹介するのは、

「こんな時どうすればいいの!?シーン別名刺交換マニュアル」です。

名刺交換をする際に、

「こんな時、どうすればいいんだろう?」

と疑問を抱くシーンは多くあることでしょう。

しかし、実際に書店のマナー本などには細かいシーン別の

名刺交換方法などまで網羅しているものはなかなかない事でしょう。

特に営業にいる方は例え新入社員じゃなくとも、

「こんな時、どうすればいいんだろう?」

という疑問を感じる方も多いはずです。

そんな方はぜひとも、「こんな時どうすればいいの!?シーン別名刺交換マニュアル」

を参考にしてみてください。

自分の名刺が縦のシーン

名刺は横型のものが多いですが、

縦型の名刺を渡したり、受け取ったりする事もあるでしょう。

この場合は名刺が縦であれ、横であれ、

正面を相手に向けて渡す事を心がけましょう。

そのため、名刺を受取った後の会議中であっても、

相手の名刺を正面で置いておくようにしましょう。

 

これはダメな例

meishi_bad

 

 

これが正しい例

meishi_goood

 

複数名での名刺交換のシーン

名刺交換の順番

複数名での名刺交換は、

以下の図のとおりになります。

meishimeishimeishi

上司が担当と名刺交換をしている際に、

同時に自分が相手の上司と名刺交換をします。

名刺の置き方

skitch

名刺は並び順に並べておくと良いでしょう。

また、先方の名刺は役職の高い人の名刺を

名刺入れの上に置き、それ以外は机の上に置いて

大丈夫です。

また、どの役職が上なのか分からない事もあると思います。

その場合は、名刺入れの上に名刺を置かず、

全ての名刺をテーブルに置きましょう。

 

訪問先が名刺を低い所から渡してくるシーン

通常であれば、名刺は目下の者が名刺を低く差し出します。

しかし、訪問先の方に、名刺を低く渡されてしまい、

「いやいや」と、どんどん低く下がっていくのはNGです。

その場合には、相手と名刺の位置を同じ程度に調整してから

渡すようにしましょう。

 

テーブルを挟んでの名刺交換

訪問の際などには、テーブル越しに名刺交換をする

流れになってしまうことも時にはあるかもしれません。

その場合は、テーブルを避けて名刺交換をしましょう。

※どうしてもテーブルを挟まなくてはいけない際には、一言付け加えて名刺交換をしましょう。

名刺管理で働き方を変える

名刺管理は以前まで、ファイルなどで管理していましたが、

今では手軽にスマホやタブレットなどの名刺管理アプリで管理ができます。

名刺管理Hacks

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回シーン別の名刺交換のマナーをご紹介いたしましたが、

名刺交換を上手にできていない人は案外多いです。

そのため、名刺交換のマナーをきちんと知っている事によって、

先方からのイメージも大きく変わることでしょう。

ぜひとも今回の記事を参考に名刺交換をマスターしてみてください。