Sansan

イベントレポート

「オープンイノベーションを興す仕組みはどう作るのか」を
開催しました

イベントレポート

10月28日にサーキュレーションと当社で共催セミナー「オープンイノベーションを興す仕組みはどう作るのか」を開催。株式会社サーキュレーションから新規事業開発本部 マネジャー 佐々木 博明氏、当社からはSansan事業部 デジタル戦略統括室 ディレクター 厚木 大地が登壇しました。

イノベーション人材の育成やオープンイノベーションに取り組む企業が増えている現状であるものの、成功する企業はごく僅かです。本セミナーでは、「オープンイノベーション」の本質的な部分を説明しながら、自社で成功するためのノウハウを、各社の事例を踏まえ紹介しました。過去に同様の題材でセミナーを実施した際、参加者からの反響が大きかったことから今回の開催に至りました。

セミナー前半では両社の講演が行われ、後半は参加者同士がコミュニケーションを取れる場として、懇親会が開かれました。
講演の概要とともに、当日のセミナーの様子をお伝えします。
オープンイノベーションを
成功に導く環境作り
− Sansan株式会社 厚木 大地
当社にて、働き方改革やデジタルトランスフォーメーション、SDGsの領域で、企業のソリューションにつながるイベントの企画に携わっているデジタル戦略統括室 ディレクターの厚木から、オープンイノベーションを生み出すべき理由や自社のオープンイノベーションに関しての取り組み事例を話しました。

厚木は「歴史を遡ると、時代によってイノベーションが生まれるカタチや背景が異なる」と言います。昨今、多くの企業がオープンイノベーションの推進を重要視している背景には何があるのでしょうか。「プロダクトライフサイクルの短期化」と「クローズドイノベーションの限界」、この2点から企業はオープンイノベーションを起こし、新規事業の開発をスピーディーに進めることに尽力する、と話しました。

ヘンリー・チェスブロウ教授の著書の中で、オープンイノベーションとは「内部のイノベーションを加速し、その目的に沿って知識の流入と流出を活用することである」と述べており、当社もイノベーションの起きやすいオープンな環境づくりを行なっています。どのように環境づくりに取り組んでいるのか、また、それによりどのような効果が生まれたかを、実際の自社の事例や厚木の体験談をもとに語りました。

オープンイノベーションの推進に関する当社の取り組みに興味を持ち、講演後に熱心に厚木へ質問している参加者の姿も見られました。
成功企業の事例から紐解く
イノベーションを生み出す仕組み作り
− 株式会社サーキュレーション
佐々木 博明 氏
株式会社ディー・エヌ・エーや株式会社ビズリーチ、PERSOL INNOVATION FUND合同会社で営業やWebマーケティング、新規事業開発やM&Aなど幅広い業務経験を持つ、株式会社サーキュレーション新規事業開発本部 マネジャーの佐々木 博明氏が新規事業開発における現在の市場動向や新規事業を成功させる考え方を話しました。

佐々木氏はベンチャー投資市場は好調で、投資件数や投資額が増加傾向にあり、新規事業開発時の鍵である資金調達は高いハードルではないと言います。国内でも高い時価総額をつけているベンチャー企業も多く登場していることから、新規事業を開発する環境は整っていると述べます。

一方で、佐々木氏の経験から新規事業の立ち上げ時に実施すべきことが3点あると言います。
・マネタイズする領域を定め、競合優位性や参入意義を明確化する
・投資関連は技術の本質を見極め、どのようにして事業に取り組むかを判断する
・会社のアセットを最大限活用し、人材確保を実行する
以上の3点が新規事業の開発を成功させる鍵となることを話しました。

上記3つのポイントに関する企業の成功事例や、それからわかる新規事業を進めるときに考えるべきこと、また、新規事業を立ち上げる際に佐々木氏が実践している打ち手について、具体的に踏み込みながら紹介しました。
登壇資料をスマホで撮影したり、真剣にメモを取っていたりする姿が見受けられました。
参加者同士で語りあう
オープンイノベーションを
起こすための取り組み
講演の後は、飲み物や軽食をつまみながら、講演者と参加者や参加者同士で自社が取り組んでいるオープンイノベーションを起こすための取り組みを語り合いました。

業種や自社での立場を超えて自社が抱える悩みを相談したり、オープンイノベーションを成功させるための勉強方法を話したりする姿が会場の至る所で見られたのが非常に印象的でした。
当社のイベント事務局では、本レポートで紹介した経営戦略の他にも、デジタルトランスフォーメーションや働き方改革をテーマとした勉強会も行っています。

ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております。

各種セミナーのご案内はこちら