sansan

News

Sansanのクラウド名刺管理サービス「Link Knowledge」(リンクナレッジ)がホーム画面をリニューアル

お知らせ

リニューアルの狙いとこだわり

 クラウド名刺管理サービス”Link Knowledge”のホーム画面は、ユーザの使い方を深く考えた画面にリニューアルされました。ユーザはこのリニューアルにより、名刺管理業務はもちろん顧客管理・営業管理業務をさらに効率化することができます。


■ リニューアルの狙い:ユーザの使いやすさを向上

 業務で使うソフトウェアやアプリケーションは使い勝手が非常に重要だと私たちは考えています。使い勝手が良くないと操作に無駄な時間がかかり、ユーザの業務の生産性が落ちてしまうからです。 例えばTwitterや日経新聞の電子版が最近リニューアルを行いユーザビリティが向上しました。画面遷移の回数が減ったりシンプルで無駄のない画面になったりしたことでより使いやすくなりました。余計な動きなしに行いたい操作をよりスムーズに実行でき、効率よく情報収集ができるようになったのではないでしょうか。

 これらのリニューアルがユーザの使いやすさを向上させたように、Sansanはユーザの使い勝手を向上させるためにLink Knowledgeのリニューアルを行ないました。より使いやすくなったLink Knowledgeを活用して名刺の管理や日々の営業・顧客管理の業務を行うと、営業の仕事が劇的に改善されます。

 今までの画面設計では、多人数でUIについて議論するために方向性が定めにくく、無難な案が採用されがちでした。しかし、今回のリニューアルでは議論するメンバーを絞り、とことんユーザの使い方を突き詰めています。

 以下の画面イメージはユーザの使い勝手向上の一例です。


Link Knowledge(リンクナレッジ)の新旧ホーム画面


 上記の狙いのもと、2点のこだわりをもってリニューアルいたしました。


◇こだわり1「機能の整理」

 リニューアル前のホーム画面は機能を継ぎ足してできていたため多数の機能が列挙されており、画面のどの部分でやりたい操作が実行できるのかユーザにとって分かりにくい状態でした。

 そこでリニューアルにおいては名刺に対する操作を一箇所に集中させ、操作する箇所をユーザが探しまわる手間を軽減できるように機能の整理を行いました。

 ホーム画面からは実行できない機能は、画面左上に常に表示されるメニューバーから遷移して実行するようになっていますが、今回のリニューアルではこのメニューバーの構成から見直しました。左上メニューの数が少なくなり、ホーム画面から使える機能を増やしています。

 様々な条件で名刺を探すことも、名刺の情報からメールを出すことも、機能の整理によってかかる時間が削減されて効率的になります。


◇こだわり2「操作に心地よさをプラス」

 整理するだけではなく、使っていて心地いいホーム画面を目指しました。

 機能性の向上に加えてちょっとした操作の快適さの向上を図り、気持よくサービスを利用していただくことを目指しています。

 例えば名刺画像の下には氏名が表示されており、その末尾にかっこ付き数字が表れています。ここにポインタを合わせると「〇〇さんを知っている人が他に△人います。」というポップアップが表示され、社内でこの名刺の人に何人コンタクトしたことがあるかがすぐに分かります。わざわざクリックしなくても有益な情報が得られるということで、ユーザに心地よさを提供いたします。


Link Knowledge(リンクナレッジ)の新ホーム画面


 Sansanは今後も独創性と技術力をもとに、名刺を軸とした新しい価値の創造に努めてまいります。

 

参考資料

【Sansan株式会社について】https://jp.corp-sansan.com/
 Sansan株式会社は、「名刺管理から収益を最大化する」というコンセプトのもと、企業向けにクラウドサービス『Link Knowledge(リンクナレッジ)』を提供しています。サービス提供開始から3年弱で400社を超える企業にご利用いただいています。なお、Sansan株式会社は「人異動情報の通知」機能に関する特許を取得しております。
 ビジネスにおける人との”出会い”は、名刺交換から始まります。そして名刺は、これだけIT化が進む世にあって未だに紙です。Sansanでは「出会いの証」である名刺を、企業発展のビジネス資産に変え収益を最大化する支援を行ないます。
 世界でも類のないこのビジネスモデルで、新たな市場創造を目指します。

 

【関連市場動向について】
 Sansanは2007年10月のサービス開始から名刺クラウド市場の創造を目指し、現在400社を超える企業にご利用頂くまでになり、初期段階の市場が形成されつつあります。

 

【Link Knowledgeについて】https://jp.sansan.com/
 「Link Knowledge(リンクナレッジ)」は、ビジネスの起点である名刺をWEBクラウド上でデータベース化して人脈を可視化することにより、顧客管理や営業情報の共有、マーケティング等につなげビジネスの可能性を広げ、最終的に収益を最大化することを目的とした、SaaS型新世代CRM&SFAソリューションです。
  「WEBアプリケーション提供」「クラウド上でのデータ管理」のみならず「スキャナ機器貸与」「名刺データ入力処理」をセットにすることで、ソリューションの実効性/運用性を高めています。ユーザーよりスキャナから送られてくる名刺情報をオペレーターが入力することで、100%の精度でデータベース化。日常的な名刺管理を入口に、組織としての情報共有、顧客管理、営業管理を実現します。また、モバイルとも連動しており、即時性が求められる人事異動情報、ニュースの配信まで実装しています。
 リンクナレッジは、企業の持つ収益の可能性を最大限に高めるお手伝いをします。

 

【Sansan・Link Knowledgeの主なメディア掲載・受賞履歴】
■2009/3/13:新進気鋭の企業が集う「Tech Venture 2009」で審査員特別賞と準グランプリをダブル受賞
■2009/8/25:マイクロソフト主催の”Microsoft Innovation Award 2009″にて優秀賞を受賞
■2009/10/30:IPA主催の「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー 2009」を受賞
■2010/4/22:雑誌『PRESIDENT』 2010年5月17日号にて三井物産様でのLink Knowledge(リンクナレッジ)活用事例が紹介されました。
*その他メディア掲載履歴については、以下から参照できます。
https://jp.corp-sansan.com/news/media.html

 

■本件に関するお問い合わせ先

Sansan株式会社 https://jp.corp-sansan.com/
住所:〒102-0081 東京都千代田区四番町4番地 日本染色会館4階
マーケティング部(担当:日比谷)
TEL:フリーダイヤル 0800-100-9933
メール:inquiry@sansan.com