sansan

News

Sansan、東京にて自社イベント “Sansan Innovation Project 2016” を初主催 「ちょっと未来の働き方」「イノベーション」テーマに セッション・ブース展示 約1,500名の参加者で会場は白熱

お知らせ

クラウド名刺管理サービスを提供するSansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘、以下 Sansan)は2月23日、東京都港区の虎ノ門ヒルズを会場に、初主催となる自社イベント「Sansan Innovation Project 2016」を開催しました。

Sansan、東京で

「Sansan Innovation Project」は、法人向けクラウド名刺管理サービス『Sansan』をはじめとしたITビジネス ソリューションの新しい協業のあり方や、働き方のご提案などを通じて、3年後には現実となっていると予想される「ちょっと未来の働き方」を提示しようというプロジェクトです。
会場には1,500名もの多数の来場者様にお越しいただき、個別の基調講演やパネルディスカッションはいずれも満員となり、協賛パートナー企業様によるブース展示スペースにも多くのビジネス関係者が訪れました。

イベントでは冒頭に、Sansanの代表取締役社長・寺田親弘が「Share!」をテーマに講演しました。
パネルディスカッションでは、レバレッジコンサルティングの本田直之氏と特定非営利活動法人グリーンバレーの大南信也・理事長、それにSansanのCWO(Chief Workstyle Officer)の角川素久が、組織としての新しい働き方について議論しました。
ゲスト講演では、毛利衛・宇宙飛行士と株式会社クレディセゾンの林野宏・代表取締役社長、C Channel株式会社の森川亮・代表取締役社長が、イノベーションやそれぞれの領域における挑戦について講演しました。

その他にも、Sansanセッションとして、Sansanの取締役・Sansan事業部長の富岡圭が「名刺を企業の資産に変える」をテーマに講演し、スポンサーセッションでは、日本マイクロソフト株式会社の澤円・マイクロソフトテクノロジーセンター長、プライスウォーターハウスクーパース株式会社の水上晃・ディレクターにご登壇いただきました。

※イベント特設サイトには当日の様子を記録した動画を掲載する予定です。詳細は、後日追ってお知らせいたします。

【実施概要】
・日時:2月23日(火)13:30-18:40(開場12:30)
・会場:虎ノ門ヒルズフォーラム(東京都港区虎ノ門1-23-3虎ノ門ヒルズ森タワー5階)
・来場者数:約1,500人
・協賛社:21社(東京会場)

2016_2_24SIP実施事後リリース図2.png

(写真左からSansan・寺田、クレディセゾン・林野社長、C Channel・森川社長)


2016_2_24SIP実施事後リリース図3.png

(写真左からSansan・富岡、日本マイクロソフト・澤様、プライスウォーターハウスクーパース・水上様)

なお、3月9日(水)には大阪市北区のウェスティンホテル大阪において開催する予定です。

【報道関係のお問い合わせ先】Sansan株式会社 広報部  担当:二村
メール: pr@sansan.com TEL:03-6316-3121(部門直通) FAX: 03-3409-3133