sansan

マーケティング データドリブン
マーケティングを推進

Sansanを活用することで、オフラインとオンラインリードを統合し、
最新の顧客データをもとに、
よりパーソナライズされた顧客体験を提供できるようになります。
すべてのリード情報を統合し、
よりパーソナライズした
顧客体験の提供を可能にします。

マーケティングチーム
での活用例

  • 01

    展示会で獲得した名刺を
    すぐにデータ化

    展示会で獲得した名刺をすべてデータ化し、
    温度感の高い顧客に対して、すぐにアプローチができていますか?
    すぐには商談に至らない、温度感の低い見込顧客こそ
    マーケティングの腕の見せどころです。
    セミナーへ誘導したり、パンフレットを送付したり、
    DMでニーズを喚起するにも顧客データが重要です。
    SansanではAI技術を活用し、高度な名寄せを行った上で
    精度の高い顧客データを提供します。

  • 02

    営業の獲得名刺を
    マーケティングに活かす

    商談時にはマーケティングでなかなかリーチできない
    キーマンが同席するケースも多く、
    そうした人脈をマーケティングがどのように活用するかも
    重要なポイントです。
    Sansanなら、APIを活用することで、営業で獲得してきた人脈を
    簡単にマーケティングで活用できるようになります。

  • 03

    顧客データの鮮度を維持する

    顧客データの最新化は、マーケターの悩みのひとつです。
    日々変わっていく顧客情報を名刺や人事異動ニュースによって
    タイムリーに収集し、反映することで、
    よりマーケティング施策の効果をあげることができます。

  • 04

    会社・人物データの属性情報が
    マーケティングをもっと自動化する

    Sansanの「顧客データHub」は、帝国データバンクと連携し、
    会社情報に業種や従業員規模などの属性情報を付与するほか、
    統計データをもとに、自動で人物データの役職と部署・職種を
    識別しランク付けや、分類を行います。
    ターゲットをピンポイントに抽出できるため、
    効率よくマーケティング施策が打てるようになり、
    マーケティング施策の効果が最大化します。

  • 05

    見込み顧客を引き寄せる
    共催相手を見つける

    見込み顧客を集客できる、
    コンテンツ力のあるセミナーを企画しよう。と思ったとき
    どのパートナー企業と組めるでしょうか。
    もしかするとどこかのイベントで、
    別の部署がまだ見ぬパートナーと接点を持っているかもしれません。

あなたのチームの
活用シーンはこちら