sansan

広報 より広く、
会社のメッセージを
効率的に伝播させる

Sansanを活用することで、広報が効率よく社内と連携し、
自社が伝えたいメッセージを対外的に発信することを助けます。
社内の連携を促し、対外的に効率よく
自社メッセージを発信できます。

広報チーム
での活用例

  • 01

    メディアの記者情報を
    広報内で共有する

    どの記者とどんなやり取りをしたか、
    いまどんなネタを追いかけていて、どういう話題だと
    取り上げてもらいやすいか、などヒアリングした内容を
    Sansanに残しておくだけで、他の広報担当者と連携しやすくなります。
    また、担当者が転職しても、転職先でまた名刺交換をすれば、
    過去のやり取りをSansan上で引継ぐことができます。

  • 02

    効率よくリリースを
    メディアに配信する

    最新のメディアリストをもとに
    イベントの告知やリリースを一斉配信することで
    効率よくメディアに案内できます。

  • 03

    発信のネタは常に内側から。
    社内連携を強化する

    取材対応や記事の寄稿を他部門に依頼する場合、
    そのテーマに強い人は誰か、簡単に調べることができます。
    企画案を検討する社内の相手をあらかじめ選んで
    相談することもできるようになるでしょう。

あなたのチームの
活用シーンはこちら