sansan

営業営業のチャンスを創出

Sansanを活用することで、
社内に眠るあらゆる情報を武器に案件を創出したり、
ピンチをチャンスに変えることができます。
Sansanを活用することで、
社内に眠るあらゆる情報を武器に案件を
創出したり、ピンチをチャンスに変える

ことができます。

営業チームでの
活用例

  • 01

    いつでもどこにいても顧客と
    コミュニケーションができる

    名刺をスキャンするか、スマートフォンのカメラで撮影しておくだけで、すべての名刺を持ち歩けるようになります。
    商談が終わったら即、名刺をカメラで撮影。
    電話帳として登録しなくても、どの人からの電話か表示される
    ようになるので、折返しの電話がスムーズにできます。
    急に「あのお客さんに連絡しなくちゃ!」となっても安心です。

  • 02

    顧客の情報が自動で蓄積・
    最新化される会社マスタ

    アポイントの前にインターネットで検索して個別に情報収集をする時代は終わりました。
    企業の基本情報は帝国データバンクから。
    人事異動情報は、ダイヤモンド社やEightから。
    企業ニュースも日々アップデートされます。
    その企業で接触のある人達の情報も手に入るので、リッチな情報をもとに商談準備ができます。

  • 03

    部署異動や昇格は
    案件創出の大きなチャンス

    部署や役職が変われば、相手のミッションが変わります。
    大きなビジネスチャンスにもなりますが、キーマンが変わることで動いている案件が止まってしまうリスクもあります。
    発令のタイミングで人事異動を捉えることで、タイミングを逃さずフォローし、人事異動を大きなチャンスに変えることができます。

  • 04

    Salesforceとの連携で
    顧客データの利活用が
    さらに効果的に

    Sansanで名刺をスキャンするだけで、Salesforceの名刺オブジェクトに自動で同期されるので、自然とSalesforceへ顧客情報が蓄積されるようになります。
    また、人事異動ニュースをもとに、Salesforceの名刺データを自動で更新するため、顧客データの鮮度を維持することも可能です。
    名刺がすべてSalesforceに入ることで、より営業戦略に必要なデータがすべて集まります。

あなたのチームの
活用シーンはこちら