顧客データベースを
簡単に作りたい

Sansanを活用することで、業務がどのように変わるかを紹介します。

イメージ画像

名刺を活用して、顧客データベースを
簡単に作ることができます

Sansanなら、名刺をスキャンするだけで、名刺の情報を正確にデータ化。
全社で活用できる顧客データベースを構築でき、顧客管理を簡単に行えます。

Point 1

名刺をスキャン

名刺をスキャンするだけで、
99.9%の精度で名刺をデータ化

従来の紙の名刺とデジタル名刺、2種類の方法で名刺をSansanに登録できます。

Point 図解 Point 図解

Point 2

名刺データへ
関連情報を付与

正確な名刺データを基に、企業や人物のニュースが届く

名刺データだけではなく、さまざまな情報を会社の資産としてデータベースに蓄積できます。

Point 図解 Point 図解

Point 3

顧客データの
アップデート

登録されている顧客データが正規化・最新化

異動や昇進など、顧客の組織体制の変更で顧客データは日々古くなっていきます。
最新の人事異動情報を基に、データベースが正確かつ最新の情報へと自動でアップデートされるため、
質の高い顧客データを維持できます。

Point 図解 Point 図解

Point 4

全社で人脈情報を
共有・活用

全社の人脈情報を閲覧・検索でき、
営業活動やメール配信に活用

上司や同僚など、自分と直接接点がない人脈も、全社で共有して一元管理できます。
最新の顧客データを基に、メール配信やターゲットリストの作成が可能です。

Point 図解 Point 図解

名刺をスキャンするだけで
正確な顧客データベースを構築

部門別 Sansan活用例〜マーケティング部門編〜

日常の業務におけるSansan活用例を紹介

部門別 Sansan活用例
〜マーケティング部門編〜