リスクのある取引を
未然に防ぎたい

Sansanを活用することで、業務がどのように変わるかを紹介します。

イメージ画像

名刺を活用して、リスクのある取引を
未然に防ぐことができます

Sansanなら、名刺を取り込むだけで取引リスクを自動スクリーニング。
法務部門に依存したこれまでのチェック体制から脱却し、
組織全体でリスクマネジメントを強化することができます。

Point 1

交換した名刺をSansanに
取り込む

さまざまな場面で交換した名刺をSansanに登録

紙の名刺を専用スキャナーで取り込むことや、デジタル名刺をSansanに登録することで、
Sansan上で正確にデータ化された名刺情報を活用できるようになります。

Point 図解 Point 図解

Point 2

データ化された名刺情報は
自動でスクリーニング

多くの手間がかかっていたリスク検索の工数が大幅に削減

Sansanに取り込まれた名刺情報は、自動でスクリーニングされます。
法務部門の担当者が行っていたリスク検索業務の工数が大幅に削減されます。

Point 図解 Point 図解

Point 3

企業のさまざまな
リスクをチェック

リスクデータベースと突合され
取引リスクを検知できる

全社で取り込まれた名刺情報が自動でリスクデータベースと突合し、取引リスクを検知できることで、
法務部門に依存したチェック体制から脱却できます。

Point 図解 Point 図解

Point 4

リスクの可能性がある
取引のみを
法務部門で判断

取引リスクが検知された時のみ
担当者がチェックして取引可否を判断する

リスクチェックのフローが効率化するとともに、判断の精度を高められます。

Point 図解 Point 図解

法務部門に依存したリスクチェック体制から脱却し
組織全体でリスクマネジメントを強化

リスクチェック

リスクマネジメントを強化する

リスクチェック

powered by Refinitiv/KYCC