Sansan

あらゆる業務で活用 顧客データベースを
簡単につくりたい

Sansanを活用することで、
業務がどのように変わるか
ご紹介します。

マーケティングの業務におけるSansan活⽤例をご紹介

活⽤例資料をダウンロード

顧客データベースを
名刺から簡単につくる
4STEP

顧客データを有効に活用することは、企業成長の鍵となります。

顧客データが更新されておらず、古いままの状態だと、
マーケティング活動や営業活動に活用することができません。

また、顧客データが散在していると、社内で顧客接点を共有できず、
顧客への一気通貫したコミュニケーションが不可能になります。
全社でのデータ活用促進を担う顧客データベースをつくりましょう。

  • STEP1
    名刺の登録
    名刺をスキャンするだけで、
    99.9%の精度で名刺をデータ化

    従来の紙の名刺とオンライン名刺、2種類の方法で
    名刺をSansanに登録。

  • STEP2
    名刺データへ
    関連情報を付与
    正確な名刺データをもとに、
    企業や人物のニュースが届く

    取り込まれた名刺情報を正確にデータ化し、組織・人物に関連する情報を追加。
    名刺データだけではない情報を会社の資産として蓄積。

  • STEP3
    顧客データの
    アップデート
    登録されている顧客データを正規化・最新化

    異動や昇進等で多数の顧客データが陳腐化します。
    人事異動情報から正確かつ最新な人物・企業情報へアップデートをかけることで、
    質の高い顧客データを維持できます。

  • STEP4
    全社で人脈情報を
    共有・活用
    全社の人脈情報を閲覧・検索でき、
    営業活動やメール配信に活用

    自分の名刺だけでなく、同僚や上司など、自身と直接接点がない人脈も活用できます。
    正確な顧客データを元にメール配信やターゲットリスト作成を実現します。

名刺をスキャンするだけで
簡単・正確にデータベースを構築

日常の業務におけるSansan活用例をご紹介
マーケティング部門での
Sansan活用について

資料で詳しく見る