Sansan

あらゆる業務で活用マスターデータ
管理をしたい

Sansanを活用することで、
業務がどのように変わるか
ご紹介します。

業務におけるSansan活用法をご紹介

資料で詳しく見る

マスターデータ管理をする4STEP

データ活用の推進に向け、マスターデータ管理に取り組む企業が増えています。
社内で保有している情報を進化させ、より精緻な情報基盤を構築し、その上で事業戦略を立てていくことが必要です。

Sansan Data Hubは、社内のさまざまなシステムに分散している顧客データを高度な名寄せ技術によって統合し、
高精度な情報基盤を構築することができます。
散在する顧客データを統合し、全社で顧客データを共有/活用できる基盤を構築しましょう。

  • STEP1
    同一企業 / 人物判定
    企業 / 人物データの法人判定

    Sansan Data Hubが、企業リストや人物データを法人判定し、同一の企業や人物を紐付け。

  • STEP2
    顧客情報の統合管理
    企業と人物のデータを紐付ける

    突合キーとなる同じ文字列を持たせ、データを企業単位に集約。

  • STEP3
    顧客マスタの構築
    複数のシステムに分散した
    顧客情報の統合を半自動で実現

    正しくデータ化された顧客情報・接点情報を活用できるプラットフォームに。

  • STEP4
    顧客情報を
    リアルタイムで
    補足 / 活用
    オンライン・オフライン両方の顧客情報を
    統合し、
    お客様の状況・関心を
    リアルタイムで補足できる状態に

    社内に散らばる情報を集約・共有し、活用できる状態に。

社内に眠るデータを統合し、
デジタルトランスフォーメーションを加速

顧客データに関する課題を一気に解決
「3分でわかる
Sansan Data Hub」

資料で詳しく見る