Sansan

あらゆる業務で活用リスクのある取引を
未然に防ぎたい

Sansanを活用することで、
業務がどのように変わるか
ご紹介します。

リスクチェック業務におけるSansanの活用法をご紹介

活用法資料をダウンロード

リスクのある取引を
未然に防ぐ4STEP

リスクチェックの判断基準が明確でない、信頼できる情報が分からない。

こうした課題を持ちながらも、リスクチェックを担当者任せにしている
企業も多いのではないでしょうか。

これまでの法務部門のみに依存したチェック体制を変え、
組織でのコンプライアンス強化を実現します。

  • STEP 1
    商談先・取引先と
    交換した名刺を
    Sansanに
    登録してデータ化
    社内で起こる様々な取引で
    交換された名刺を登録
  • STEP 2
    データ化された
    名刺情報は
    自動でスクリーニング
    判断が難しいコンプライアンスチェックを
    各部門の担当者でもチェックが可能に
  • STEP 3
    「法人」と「代表者」の
    リスクをチェック
    取引リスクの可能性がある「企業」と
    「企業代表者」のデータを網羅する
    RefinitivとKYCCのデータベースを検索

    法務部門が独自で調査していた確認方法から
    信頼性が担保された情報によるリスクチェックフローへ。

  • STEP 4
    リスクの可能性がある
    取引のみを
    法務部門で判断
    スクリーニングを経て
    必要な取引だけを
    法務部門でチェックをし、精査する

    従来より、精度の高いリスクチェックを実現。

法務部門の属人的になっていた
リスクチェックを
各部署に負担のない形で全社での
リスクチェック体制へと変革できます。

リスクマネジメントを強化する
「反社チェックオプション」
powered by Refinitiv/KYCC

資料で詳しく見る