取引における
リスクマネジメントを
強化する

顧客情報を登録するだけで取引リスクがある企業をスクリーニング。
迅速なコンプライアンスチェックが可能になります。

「リスクチェック」の機能を紹介

資料ダウンロードはこちら

リスクチェック
powered by Refinitiv/KYCC

顧客情報を登録するだけで、
取引リスクを早期検知

名刺をはじめとする顧客情報を登録するだけで、
取引リスクがある企業を自動的にスクリーニング。
反社会的勢力との関わりだけでなく、
マネーロンダリングや⼈権侵害、組織犯罪などへの関与といった、
取引を始めようとしている企業に潜む、隠れたリスクを早期に検知し、
取引におけるリスクマネジメントを強化します。

活用メリット

経営リスクの最小化

属人的な取引可否判断リスクを
回避し、
経営リスクを最小化
リスク確認担当者の感覚値によるチェックの場合、コンプライアンスチェックの必要有無の判断が属人的となり、チェックされる企業にばらつきが出てしまうことがあります。「リスクチェック」は顧客情報を登録するだけで、コンプライアンスチェックの一次スクリーニングが完了するため、取引リスクを網羅的に検知することが可能です。また、一度スクリーニングをかけた企業に、再スクリーニングをかけることも可能なため、効率的な定期チェックが可能です。
arrow

営業のロスを軽減

受注目前での契約不可を回避
複数回の商談を重ね、あとは契約するだけ。このタイミングでコンプライアンスチェックを行い、
取引先に問題が発覚し、商談が破談してしまう…。こんなケースはありませんか?
「リスクチェック」を活用すれば、顧客情報を取得したタイミングで一次チェックすることが
可能なため、商談が無駄になることを未然に防ぎます。
arrow

コンプライアンスチェックの工数削減

コンプライアンス担当者の
業務効率化
リスク確認担当者の元には、受注目前となった新規取引先企業のチェックの依頼が数多く舞い込み、通常業務を妨げる原因となっています。
コンプライアンスチェックの一次スクリーニングが自動化されることで、担当者の業務効率を大幅に改善します。
arrow

コンプライアンス
チェックを効率化し
経営リスクを最小化します

さらに詳しく知りたい方は

「リスクチェック」機能紹介