全社の人脈を一元管理・共有
名刺管理

社員の引き出しに眠っている名刺を企業の資産に変える。
法人向け名刺管理サービス市場で82%のシェアを獲得する
Sansanが営業力の強化を後押しします。

出典:営業支援DXにおける名刺管理サービスの最新動向2024 (2024年1月 シード・プランニング調査)

Sansanの名刺管理が営業力を強化できる理由業界・業種を問わず
9000社の利用実績

Sansanは、法人向け名刺管理サービス市場におけるシェアNo.1を11年連続で獲得。
業界・業種を問わず、中小規模の企業から数万人規模の企業まで、幅広く利用されています。

利用企業

利用企業
利用企業

※ 利用企業数は、営業DXサービス「Sansan」をご利用いただいている契約数。

  • 経済産業省 Ministry of Economy, Trade and Industry
  • 三菱地所
  • SMBC 三井住友銀行
  • 日本郵便
  • TOYOTA
  • NTT DATA Trusted Global Innovator
  • MITSUI & CO.
  • あなたの未来を強くする 住友生命
  • 子どもたちに誇れるしごとを。清水建設
  • Panasonic

Sansanの名刺管理が営業力を強化できる理由営業力を強化する
多彩な機能

Sansanには、さまざまな営業力を強化する機能が搭載されています。
ここでは、Sansanの名刺管理に関する基本的な機能を紹介します。

01

正確なデータ化

99.9%の精度で
素早く正確に名刺をデータ化

高度なAI技術とオペレーターの手入力により、名刺の情報を99.9%の精度で正確にデータ化します。また、紙の名刺だけでなく、デジタル名刺やメールの署名についても名刺データの形式で一元管理することができます。データ化の言語については、日本語を含めて英語や中国語など全11言語に対応しています。

名刺のデータ化

正確な名刺情報や人脈を
データとして一元管理

[ 名刺のデータ化 ]

デジタル名刺

オンラインで築いた人脈を
名刺と同様に一元管理

[ デジタル名刺 ]

メール署名取り込み

メールの署名から
連絡先情報を蓄積

[ メール署名取り込み ]

02

名刺のスキャン

専用のスキャナーと
スマホアプリで
簡単に名刺をスキャンできる

専用のスキャナーを使えば、100枚5分というスピードで大量の名刺を素早くスキャンできます。また、スマートフォンアプリでもスキャンすることができ、名刺を撮影するだけで同時に4枚までまとめてデータ化できます。名刺のデータ化はスキャンした翌営業日以内に完了します(翌営業日保証は1IDにつき20枚まで)。

Sansanスキャナ

専用スキャナーで
名刺を高速スキャン

[ Sansanスキャナ ]

スマートフォンアプリ

名刺のスキャンを
いつでもどこでも手軽に

[ スマートフォンアプリ ]

03

名刺の検索・共有

全社員の人脈から
アプローチ先を掘り起こせる

Sansanに登録された名刺は、全社員に自社の情報資産として共有されます。自身が登録した名刺だけでなく、同僚や上司などが登録した名刺も含めて、全社員が登録した名刺を横断検索することができます。全社員の人脈が可視化され、その人脈やつながりを営業活動に活用することができます。

名刺検索

社内にある全ての名刺を
全社で共有・活用

[ 名刺検索 ]

自動名寄せ

同一人物の名刺データを
自動でまとめて最新化

[ 自動名寄せ ]

04

人事異動情報・ニュース配信

最適なタイミングで
アプローチできる

公開されている組織改変の情報などを基に人事異動情報が配信され、登録された名刺の人物の役職や所属部署の変更を検知すると、名刺の所有者に更新情報が通知されます。また、登録した名刺の所属先企業やフォローした企業に関する情報がニュースとして配信されます。最新の情報が得られることで、顧客の変化を捉えたアプローチが実現します。

人事異動情報

顧客の人事異動情報を
タイムリーに把握

[ 人事異動情報 ]

ニュース配信

企業の最新ニュースを
効率的に収集

[ ニュース配信 ]

営業を強くするために
必要なことは
Sansanで
名刺をスキャンするだけ

イラスト

Sansanで名刺をスキャンする。
必要なことは、それだけです。

Sansan独自のテクノロジーが名刺をデータ化して、
最新で正確な顧客データベースを構築します。
社内で眠っていた名刺や人脈を全社で一元管理・共有して
データとして活用できるようにすることで、
営業のチャンスを広げ、企業の営業力強化を後押しします。

進化したSansanがわかる

「 3分でわかる Sansan 」

Sansanの名刺管理が営業力を強化できる理由名刺管理から
成果を生み出した
導入企業の事例

Sansanで名刺をデータ化することで、正確な顧客データベースを構築。
顧客情報の一元管理と人脈の共有によって、
営業生産性の向上やマーケティング活動の強化が実現されています。

  • アポイント獲得数が約2倍に
    案件化率や成約率が向上

    三菱倉庫株式会社

    個人が管理していた名刺をデータベース化することで全社員の人脈が可視化され、営業活動におけるバッティングが激減しました。顧客情報を全社員で共有するようになったことで業務効率が向上。さらに、Sansanを活用したマーケティングも展開し、成約率や案件化率などの向上につなげました。

  • 名刺情報の一元管理で
    会社の業務効率を改善

    レモジャパン株式会社

    Sansanを導入したことによって、名刺情報の検索にかけていた時間を89%削減し、担当者の振り分けに要する時間も60%以上削減することに成功。展示会で獲得した名刺の情報をすばやく活用できるようになり、顧客分析の効率化によってアプローチの個別最適化もできるようになりました。

  • 名刺からデータベース構築
    拠点間で最新情報を共有

    河合製氷冷蔵株式会社

    個人で対応していた名刺管理、情報が更新されないデータベースの課題を解決するために、Sansanを導入してデータベースを構築。名刺をスキャンするだけで最新の顧客情報が管理・共有できるようになりました。離れた拠点間の情報共有が簡単になり、業務に欠かせないツールとして活用しています。

  • 名刺管理ソリューション