sansan

機能

法人向けクラウド名刺管理サービス
「Sansan」の機能についてご紹介します

営業のチャンスが拡がる

  • 名刺共有

    名刺から社内の人脈を可視化

    チームや部署、世代を越えて、これまで企業が交換してきた全ての名刺を共有することで、全社員で築いた人脈を誰でも活用できます。つながりを持つ同僚からキーマンを紹介してもらうことで、商談機会の創出や、案件の後押しにつながります。

  • 組織ツリー

    アプローチ先がわかる組織ツリー

    社内の名刺情報と、公開されている人事情報をもとに企業ごとの組織ツリーを自動生成します。自社の誰と、先方の誰がいつ、どこで、何をしたのかだけでなく、関わりの深さまで可視化されるので、誰にアプローチするべきかすぐにわかります。

  • メール一括配信

    返信率の高いメール配信機能

    Sansanのメール配信機能の特徴は、返信率の高さです。一括配信でも1対1のコミュニケーションかのように、複数のお客様に対してアプローチをすることができます。正確にデータ化された名刺情報を利用するので、誤字や役職の変更見逃しもありません。

  • コンタクト

    顧客との関係を強化

    商談履歴や他部署とのやり取りはもちろん、相手の特長や性格、好みなどが人物単位、会社単位で集約されます。たとえ他部署からの連絡や、担当者が変わる場合でも、蓄積された情報を踏まえて連絡をとることができるため、顧客との関係性が強化されます。

  • 人事異動情報/ニュース配信

    企業と人物の最新情報をお届け

    名刺交換をした相手に関するニュースを配信します。最新の情報から思わぬ気づきが得られるかもしれません。また、日経WHO’S WHO、日経会社プロフィルとの連携により、顧客や企業の詳細情報も把握できます。もちろん、自分が交換した名刺でなくても、社内全ての名刺が対象です。

社員の生産性があがる

  • 名刺データ化

    正確な顧客DBは名刺情報から

    顧客DBの構築やクレンジングには膨大な手間がかかります。Sansanを使えば、名刺をスキャンするだけで、最も正確な全社共通の顧客DBが手に入ります。公開された人事異動情報、他部署で交換された名刺、Eightで更新されたプロフィールによって、データベースは常に新鮮に保たれます。

  • スマホアプリ

    いつでも瞬時に名刺にアクセス

    スマートフォンアプリがあれば、時間や場所を選ばず、全社員が持つ名刺に簡単にアクセスできます。もちろん社名や氏名、電話番号、メールアドレスなど検索条件は様々。もう同僚の手を煩わせる必要はありません。

  • 顧客管理

    名刺起点のシンプルな顧客管理

    名刺管理を軸にしたアプリケーションだからこそ実現できる定着率。誰にとっても手軽で分かりやすく、顧客管理に費やしていた時間を大幅に削減します。

  • タグ付け

    名刺を自由にグルーピング

    タグと呼ばれる“しるし”をつけるだけで、名刺のグループ分けは完了。展示会での交換やメール配信対象、勉強会での出会いなど、複数の属性を付与することができます。

  • ニュース配信

    企業と人物の最新情報をお届け

    名刺交換をした相手に関するニュースを配信します。最新の情報から思わぬ気づきが得られるかもしれません。また、日経WHO’S WHO、日経会社プロフィルとの連携により、顧客や企業の詳細情報も把握できます。もちろん、自分が交換した名刺でなくても、社内全ての名刺が対象です。

  • リストダウンロード

    CSV

    正確な名刺情報をCSVで出力

    社内にある全ての名刺情報をCSVで出力。年賀状ソフトでの使用やDM送付時の宛名リストなど、様々なシーンで活用することができます。

連携サービス

名刺情報をもとにした配送サービスやアドレス帳への連携をはもちろん、CRMやSFAの顧客リストとして活用することができます。
もう顧客情報の入力や更新に時間を取られることはありません。

組織の
コミュニケーション
進化する

  • プロフィール

    同僚のつながりや強みを可視化

    交換した名刺や自身の経歴をもとに、スキルやノウハウ、経験値などが可視化され、それらがプロフィールとして設定されます。同僚のビジネスにおける強みを把握できるため、必要なときに誰の手を借りればよいかわかります。

  • コンタクト

    商談情報を簡単に蓄積・共有

    顧客との貴重な打ち合わせの情報を最小限の入力で蓄積することができます。いつでもどこでも登録できて、自動でチームメンバーに内容をシェアする設定も可能です。

  • メッセージ

    名刺を軸にしたコラボレーション

    思わぬ接点を見つけたその瞬間に、名刺に乗せてメッセージを送る。名刺を見れば、その人物について社内の誰と誰が、どんな会話をしていたかが分かる。名刺をデータ化し、共有することにとどまらず、名刺を軸にして社内のコラボレーションが加速されます。

セキュリティへの取り組み

  • プライバシーマークの取得

    プライバシーマーク制度は、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。Sansanは2007年に取得しています。

  • PMSの構築

    設立当初よりJIS Q 15001の規定に基づき、PMS(個人情報保護マネジメントシステム)を構築し、体制整備、教育の徹底等を行い、リスクの最小化にあらゆる手段を講じています。

  • 個人情報保護士資格の取得義務

    全社員に個人情報保護士の資格を取得することを義務付けており、高い水準でセキュリティ意識を持ち、法律を順守しています。