Sansanの機能

企業データベースや、顧客とのつながりの情報のデータ化、
システム連携、アプローチするための機能まで、
さまざまな機能で営業力を高めます。

代表的な機能一覧

企業データベースを
標準搭載

自社との接点の有無に関わらず、企業にまつわる豊富な情報を活用することで、
アプローチしたい市場や企業を見つけることができます。
最新の企業情報を
搭載
企業情報
帝国データバンクが提供する、最新の企業情報を搭載しています。既存顧客の理解を深めることや、新規顧客のターゲティング、ホワイトスペースの発掘などに活用できます。
営業やマーケティングに
最適な役職者の情報
役職者情報
公開されている役員の情報をはじめ、営業活動においてキーパーソンになり得る役職者の最新情報を確認することができます。この情報を基にアプローチすることで、商談の効率が高まります。
ダウンロードして
他のシステムと連携
企業データダウンロード
Sansan上でしか確認できない企業データベースの情報を、活用しやすいCSVファイル形式でダウンロードできます。さまざまな用途で活用でき、営業戦略の幅を広げることができます。

顧客との接点を活用

あらゆる接点情報を正確にデータ化し、接点データベースを構築できます。
企業データベースと組み合わせて、すでに接点のある類似企業に気付くことができます。
99.9%の精度で名刺をデータ化し
全社で人脈を共有
名刺管理
AI+手入力により、名刺を99.9%の精度でデータ化。紙の名刺やオンライン名刺だけでなく、メールの署名から取得した情報も名刺データと同様の形式で一元管理でき、全社で人脈を共有できます。
メールの署名から
顧客情報を蓄積
メール署名取り込み
名刺交換することができていない相手の連絡先をメールの署名や差出人情報から抽出しデータ化。メールだけでやりとりする顧客とのつながりの情報を登録し、企業の資産として蓄積することができます。
ウェブフォームから
顧客情報を蓄積
スマートフォーム
ウェブフォームに数行のコードを追加するだけで、フォームへ入力した情報をSansanに取り込みます。すでに利用しているウェブフォームを活用しながら、顧客情報を簡単に蓄積できます。
メール・電話・面会などの
接触履歴を記録
コンタクト
顧客との接触履歴(メール・電話・面会など)を記録できます。さまざまなやり取りを記録していくことで、顧客の今の状態をより深く把握して営業活動に活用できます。
オンラインの商談で
名刺交換が可能
オンライン名刺
専用のURLを相手に伝えるだけで、誰とでもオンラインで名刺交換ができます。紙の名刺と同じように管理できるので、オンライン上で生まれた人脈も蓄積して活用できます。
紙の名刺とオンライン名刺を
シーンに合わせて活用
スマート名刺メーカー
Sansan上で紙の名刺の発注や、オンライン名刺の作成・更新が簡単に行えます。普段はオンライン名刺を利用し、紙の名刺を必要なときに必要な分だけ印刷するなど、名刺を自在に使い分けられます。

データ活用のシーンを
拡大

Sansanに取り込んだデータを複数のシステムと連携・統合できます。
さまざまなシーンでデータが活用できるようになります。
外部システムと連携して
データの価値を向上
Sansan Data Hub
SalesforceやMarketoなどのCRM、SFA、MAツールと連携。顧客データの入力負荷やデータ品質に関する課題を解決し、データドリブンなマーケティング活動を可能にします。
Salesforceに登録された
商談情報を閲覧可能
商談管理オプション
for Salesforce
社内の人脈情報や取引先の企業情報と併せて、Salesforce上の商談情報をSansanの会社詳細画面に表示します。営業活動に必要な情報を素早く把握して、商談などに生かすことができます。
取引リスクの早期検知から
ガバナンスを強化
リスクチェック
powered by Refinitiv/KYCC
顧客情報を取り込むだけで、反社会的勢力などのリスク情報を検知。商談の早いタイミングでリスクを検知できることで、営業生産性の向上や、企業のガバナンス強化を実現します。

顧客の最新情報を
捉えて
アプローチ

企業の人事異動情報や、接点情報の分析などを営業戦略に活用できます。
最新の情報に基づいて、最適なタイミングで、効果的なアプローチが可能になります。
組織改編や人事異動など
顧客の変化を通知
人事異動情報
接点のある企業の組織改編の情報や人事異動の情報から、顧客の変化を捉えられます。アプローチのきっかけを作ることができるとともに、顧客データを最新の状態に更新します。
企業の最新ニュースを
タイムリーに把握
ニュース配信
接点のある企業やフォローした企業の最新ニュースをタイムリーに把握できます。顧客理解を深めることで会話のきっかけを作ったり、提案機会の創出にも役立ちます。
人物情報や接点を可視化して
営業マネジメントに活用
名刺分析
powered by MotionBoard
企業データベースと連携することで、エリア別や業種別の営業カバー率をダッシュボードで可視化。新規顧客の開拓や、マネジメントによる戦略立案などを支援します。
効果的なメールを
効率良く配信
メール配信
顧客に一括でメール配信を行えます。また、名刺交換をした担当者を差出人として、個別メール同様の体裁で一括配信することも可能です。開封率などの効果を踏まえた営業活動が行えます。

機能の詳細がわかる

「 Sansan機能のご紹介 」

営業力をさらに高める
さまざまな機能

コラボレーション
同僚コラボレーション
同僚の連絡先を一元管理でき、スムーズなコミュニケーションを実現します。また、人脈だけでなく、社員の強みも可視化されることで、社員間のコラボレーションを活性化します。
メッセージ
同僚とSansan上でメッセージのやり取りをすることができます。打ち合わせの内容を共有したり、検索した企業情報などのURLをコピーしてシェアするなど、情報共有が手軽に行えます。
連携機能
名刺分析
powered by MotionBoard
企業データベースと連携することで、エリア別や業種別の営業カバー率をダッシュボードで可視化。新規顧客の開拓や、マネジメントによる戦略立案などを支援します。
リスクチェック
powered by Refinitiv/KYCC
顧客情報を取り込むだけで、反社会的勢力などのリスク情報を検知。商談の早いタイミングでリスクを検知できることで、営業生産性の向上や、企業のガバナンス強化を実現します。
契約管理オプション
for クラウドサイン
クラウドサイン上で契約が締結された情報をSansanで確認できます。法務部門を介さず、取引先との契約状況を事前に把握できるため、営業活動の効率化と法務部門の業務負担の軽減につながります。
商談管理オプション
for Salesforce
社内の人脈情報や取引先の企業情報と併せて、Salesforce上の商談情報をSansanの会社詳細画面に表示します。営業活動に必要な情報を素早く把握して、商談などに生かすことができます。
アンケートオプション
powered by CREATIVE SURVEY
顧客情報を起点としたアンケートの配信・回収により、顧客にひも付いた調査データの一元管理ができます。調査データを活用して、セミナーの質の向上や商談機会の創出につなげることができます。
Salesforce連携
Sansanの正確で最新な顧客データをSalesforceに連携することで、データ入力の負担をなくし、業務効率化を実現します。データの重複を解消し、顧客データを正しく整理・統合することができます。
Concur Expense連携
Sansanの名刺情報をConcur Expenseの経費情報に連携することで、接待交際費の正当性を同席者の登録情報から判断することができます。名刺情報で不正な経費利用を防ぎ、経費の適正化を実現します。
API連携
Open APIを使うことで、Sansanに蓄積された顧客データやコンタクトなどの情報を、外部アプリケーションで利用できるようになります。さらなる営業効率のアップや生産性の向上などを可能にします。
セキュリティー
二要素認証
二要素認証を利用することで、ログイン時にIDとパスワードに加えて認証コードを求められるようになり、第三者の不正なログインを防止します。
SAML認証
Azure Active DirectoryなどのIdPとのSSOを実現できます。平易なパスワード設定によるリスクの回避や、ID・パスワードの入力を社内ネットワーク内に制限することが可能です。
IPアドレス制限
接続可能なIPアドレスを設定し、登録されているIPアドレス以外からの接続を拒否することができます。
デバイス利用制限
スマートフォンから、Sansanへのアクセスを制限することができます。
キャッシュレスモード機能
スマートフォンアプリ上にデータを保持せず、都度サーバーと通信させる機能です。スマートフォンの紛失時に、顧客データの漏洩を防止します。
利用ログダウンロード
全ユーザーの利用ログをダウンロードできます。IPアドレスや、どのデバイスから利用したかが分かるので、監査業務などに役立ちます。
高度なセキュリティー対策
技術的・組織的な観点から、セキュリティー対策に万全を期しています。

※ Salesforce は salesforce.com, inc. の商標であり、許可のもとで使⽤しています。

スマートフォンアプリなら
外出先からでも簡単にアクセス
アプリを使えば、時間や場所を選ばずに、
さまざまな情報にアクセスできます。
商談前に相手の所属部門や過去のやり取りなどを
確認できるだけでなく、商談内容をすぐにメモに残したり、
連絡帳から同僚への連絡を簡単に取ることもできます。