経費管理の
ガバナンスを強化する

Sansanの名刺情報をConcur Expenseに連携することで
経費管理のガバナンスを強化することができます。

Concur Expense連携

Concur Expense連携 Concur Expense連携
名刺情報で
不正な経費利用を防ぎ、
ガバナンスを強化
Sansanの名刺情報をConcur Expenseの経費情報に連携することで、
接待交際費の精算時に、その正当性を同席者の登録情報から判断することができます。
名刺情報で不正な経費利用を防ぎ、経費の適正化を実現します。
※Concur Expenseをご契約されている企業でお使いいただけます。

Sansan
×
Concur Expense
連携ソリューションの
仕組み

Concur Expense×Sansan 連携ソリューションの仕組み
Sansanに名刺情報を登録
交換した名刺をSansanに登録することで、社外との接点情報を集約。正確で信頼性の高い取引先情報がデータ化されます。
Concur Expense上で
経費精算
Concur Expense上で接待交際費の精算を行う際にSansanから連携された名刺情報を、同席者の情報として、経費申請者が選択できるようになります。
株式会社コンカーが提供する経費精算・管理クラウド「Concur Expense」上で、Sansanの名刺情報を活用し、同席者情報の正確性・信頼性を担保することが可能です。

活用メリット

営業組織の
生産性向上に寄与

接待交際費を精算する上で、同席者情報の入力は手間がかかるとともに、申請ミスの要因にもなります。Concur Expense連携を活用すれば、氏名や会社名といった同席者情報の手入力が不要となるため、申請者の作業を効率化することができます。また、名刺情報を経費精算に活用することで名刺交換の文化を醸成することができ、社外との接点情報を確実に蓄積することができます。
Before
Before Before
arrow
After
After After

正確な名刺データで
経費を適正化

接待交際費の同席者情報がSansanに登録された名刺情報であることを承認基準とすることで、経費精算の承認基準の統一化が可能になります。また、Concur Expense上で名刺交換実績のない同席者にアラートを表示することで、規定チェックが自動化され、属人的な判断を回避できます。さらに、コンカーの追加機能である分析ツール「Intelligence 分析レポート」を活用すれば、過剰接待費の不正をBI(ビジネスインテリジェンス)で効果的に検出。不正な接待交際費利用を抑制し、経費を適正化することができます。
Before
Before Before
arrow
After
After After

経費精算の不正・誤りを
防止し、経営を健全化

経費精算の不正はコンプライアンス強化において回避すべきリスクの一つです。名刺という顧客との出会いの記録から、経費の不正利用や申請内容の誤りを防ぐことが企業経営の健全化につながり、さらには企業の安定的な事業成長にもつながります。
Before
Before Before
arrow
After
After After